AppleのVision Proローンチがメタバースに影響を与え、このトークンが160%の利益を記録した理由

暗号通貨市場は、週末に大型資産が調整したため、マイナスの流れに沈んでいるが、テックジャイアントのAppleが救いを提供するかもしれない。ビットコイン以外のすべての暗号通貨が下降トレンドを示しているが、一部のセクターは恐慌と売り圧力にもかかわらず花盛りになっている。

特に、メタバースセクターの一部のトークンは重要な利益を見ている。アセットの価格上昇は、暗号通貨市場全体のトレンドに反しているが、Appleが新しい製品「Vision Pro」を発売したことに関係しているようだ。

Apple Vision Proのハイプが成長するにつれて、メタバーストークンが開花する

AppleのVision Proは同社の最初の「空間コンピューター」であり、ヘッドセットを使用することで、ユーザーは物理世界とデジタル世界を融合させることができる。その意味で、人々はさまざまな形式のアプリケーション、コンテンツ、メディアなどと相互作用することができる。

メタバースとブロックチェーン技術を使用してプラットフォームをサポートするプロジェクトは、同じ目標を達成したいと考えている。そのため、メタバーストークンとセクターに関連する大手テック企業の発表との間には、相関関係が高まっている。

CoinGeckoの調査によると、Apple Vision Proは、メタバースおよび拡張現実トークンの好調なパフォーマンスを示した。調査は、Ovrとそのネイティブメタバーストークン(OVR)が発表を受けて168.6%の増加を記録したことを示している。

5月下旬から6月初めにかけて、トークンは約0.28ドルの安値から0.74ドルまで上昇した。セクターの小型トークンは同様の利益を経験した。VFOXは5月15日から6月7日までの間に62%の利益を記録し、MetaverseプロジェクトSomniumの仮想現実トークンCUBEは同じ期間に約40%上昇した。

市場規模の大きいメタバーストークンは、Appleの発表前後で評価されたが、利益は少なかった。Sandbox(SAND)は、5月中旬から6月5日までの間に18%増加し、Decentraland(MANA)は、発表の間に11%の利益を記録した。

下のチャートに示されているように、SAND、OVR、VFOXは、Vision Proの発売から恩恵を受けたトークンの一部にすぎない。

ただし、メタバースも全体的な暗号通貨市場の現在のトレンドに一部影響を受けている。最近の下降トレンドの影響で、トークンは一部の利益を失ったが、現在の価格下落は長期投資家にとって好都合であり、これらのトークンは同様の発表から引き続き恩恵を受ける可能性がある。