アップルは、今年iPhone 15やWatch Ultraを含む新製品を発売する予定です

2023年から2024年にかけて、Appleがいくつかの新製品をロードマップに含んでいます。期待される新製品には、iPhone 15と新しいApple Watchなどがあります。

ブルームバーグの報告書は、同社のVision Pro複合現実ヘッドセットの登場に続いて、Appleファンが期待できる製品を強調しています。例えば、Appleは今年の秋にiPhone 15をリリースする予定です。Appleから公式なスペックに関する発表はありませんが、既にいくつかの噂が広まっています。

MacRumorsによると、iPhone 15には6.1インチの2つと6.7インチの2つのモデルが含まれ、iPhone 14リリースと同様になると報じられています。さらに、すべての4つのiPhone 15モデルには、LightningポートではなくUSB-Cポートが搭載されると予想されています。価格は799ドルから期待されています。

Appleファンは、24インチの画面を持つ新しいiMacも期待できます。同社はまた、新しい30インチのiMacの開発に取り組んでいると報じられています。iPhoneやiMacに加えて、iPad ProやiPad Airも更新される予定です。

さらに、期待されるApple製品には、新しいMacBook Proモデルが含まれます。MacBook Proは、13、14、および15インチの異なるサイズで提供されます。すべてのモデルには、AppleのM3チップが搭載されます。

最近のApple Worldwide Developers Conference (WWDC)で、Appleは1,299ドルで価格設定された新しい15インチMacBook Airを発表しました。ユーザーは、AppleのM2チップによって駆動される4つの色のうち1つを選ぶことができます。さらに、Appleは、ハイキングやサイクリングなどの新機能を備えたWatchOS 10などのソフトウェアのアップデートを発表しました。さらに、ユーザーはiOS 17のソフトウェアアップデートを期待する必要があります。

Vision Proヘッドセットに先立つ新しいApple製品

Appleから期待される製品の中には、最近発売されたVision Proヘッドセットが市場に出る前に利用可能になるものもあるでしょう。AppleはWWDCでヘッドセットを発表し、いくつかの興味深い機能を備えています。

例えば、デバイスには、ユーザーの周りの人々のために透明と不透明のモードを切り替えるEyeSight機能が付属しています。所有者はまた、12のカメラでユーザーの動きを追跡するため、手と目でデバイスを制御することができます。

興味深いことに、ブルームバーグの報告書によると、AppleがVision Proをリリースする前に解決しなければならないことがまだたくさんあるとされています。報告書によれば、WWDCでのショーケースはデバイスの最高の部分のみを紹介しており、キーボード入力などのいくつかの機能はまだ準備ができていないとのことです。さらに、Appleは、いくつかのインターフェース要素を統合し、新しいデバイスに適応するために、iPadのコアアプリを調整することがまだ完了していないと報じられています。

Appleはまた、サードパーティのアプリのサポートを解決しておらず、EyeSight機能で問題が発生する可能性があるとのことです。さらに、処方箋のレンズを使用するユーザーがデバイスをうまく使えるかについては、まだ不確実な点があります。

そのため、Appleはデバイスのテストを拡大し、数千人の追加の従業員を関与させたと報じられています。最初は、Appleは新しいデバイスを持ち帰ることを上級幹部やエンジニアだけに許可していましたが、今後はより多くの開発者にアクセスを提供する可能性があります。