アップルは、Damusのデリストを脅した1日後にビットコインウォレットZeusを拒否しました

Apple(AAPL)は、非管理型のLightningを可能にするビットコインウォレットZeusの最新バージョンを拒否したと、Zeusの創設者であるEvan Kaloudis氏のツイートによって明らかになりました。

これは、AppleがNostrプロトコル(Nostrは「リレーによって転送されるノートやその他のもの」の頭字語です)で動作する分散型ソーシャルメディアプラットフォームである人気のあるLightningを可能にするビットコインアプリ「Damus」と口論した1日後のことです。

Damusからのツイートによると、Appleは、ユーザーがLightningネットワークを介して小額のビットコインをお気に入りのコンテンツクリエイターに送金することを可能にする「zap」機能に問題を抱えていたとのことです。これは、Twitterの「tip」機能に似ています。Lightningは、より安価かつ高速なトランザクションのためのビットコインの第2レイヤーの支払いネットワークです。

カロウディス氏によると、AppleはZeusに注目し、仮想通貨の送信を促進するための必要なライセンスと許可の証明を提供するよう、ウォレットの作成者に求め、提供されなければApp Storeでの拒否を受けるように指示しています。

Zeusは、暗号通貨の「転送」を促進するために適切なライセンスの証明を提供することを求めるAppleのガイドラインに違反しているようです。

多くの法律専門家は、資金やプライベートキーを管理しないZeusのような非管理型ウォレットは、カストディアルウォレット(CoinbaseやBinanceが提供するような、顧客資金を管理する)に典型的に予約された分類である「マネートランスミッター」として分類されるべきではないと考えています。

「非管理型ウォレットは承認されるべきです」と、現在AppleのApp Storeにある別の非管理型ビットコインウォレットであるBreezがツイートしています。「同じセクションに特別な例外があります。App Storeには多くのウォレットがあります。」

Zeusの以前のバージョンはまだApp Storeにあります。カロウディス氏が新しいバージョンにどのような変更を加えたかは明確ではありません。Kocooは、報告時点でKaloudis氏、Damusの創設者であるWilliam Casarin氏、およびAppleに連絡を取りましたが、誰からも回答がありませんでした。

Damusは、すべてのコンテンツセクションからzapボタンを削除することに同意しました。Appleは、投稿に対するzapsをデジタルコンテンツの販売を可能にするものと見なしているとされています。この巨大企業は、Damusがプロファイルレベルでzap機能を維持することを許可しました。

ZeusとAppleの間で妥協がどのような形で行われるかはまだ見ていません。

Stephen Alpherによる編集。