「Appleは独自のGPT AIシステムを持っていますが、公開の計画は明示されていません:報告書」

Apple has its own GPT AI system, but there are no plans for its public release report.

Appleは、独自の生成事前トレーニング変換モデル(GPT)の人工知能(AI)モデルを開発していると報じられています。ただし、同社がそれを一般に公開する予定があるかどうかは示されていません。

Bloombergの7月19日のレポートによると、Appleの内部GPTシステムは「Ajax」と呼ばれています。これは、OpenAIのChatGPTやGoogleのBardと類似しているとされています。

Appleは、製品を独自のエコシステム内で開発することで知られています。Bloombergが「Apple GPT」と一部のエンジニアが呼んでいると報じている「Ajax」は、将来的には消費者向けの製品になる可能性がありますが、現在のインフラストラクチャーは問題を引き起こす可能性があります。

Appleは、GPTシステムを「Ajax」というコードネームで呼んでいますが、これはGoogle Jaxという機械学習フレームワークの上に開発されたためです。また、報道によれば、これはGoogle Cloud上で動作しており、AppleのAjaxを内部テスト以外で拡張することを制限する可能性があります。

GoogleのBard AIシステムは、消費者向けの生成AI技術の領域で主要な競合他社であり、BingAIやChatGPTといったMicrosoftやOpenAIによる直接的な競争を受けています。ただし、Appleはこれまでこの領域で競争する意思を示していません。

関連記事: MetaとMicrosoftがオープンソースのAIモデルLlama 2を発表

AppleのAIに関する実績は、機械学習技術に関するプライバシー重視の姿勢を示しています。そのため、ほとんどの取り組みはクラウドベースのサービスではなく、オンボードプロセッサを使用して実行できるAI技術に焦点を当てています。

ChatGPTなどのチャットボット技術は、通常、インターネットに接続する必要があります。iPhoneのAIチップなどの独立したアーキテクチャーでチャットボットを実行することも可能ですが、デバイスのハードウェアに制約があります。

ただし、もしAppleがiPhoneのハードウェア上で比較的有用なGPTモデルを開発し、離れた場所で実行できるようになれば、クラウドベースのモデルに埋め込まれた会話機能よりもプライバシーを重視するユーザーにとっては利点となるでしょう。デフォルトでプライバシーを求める消費者が最も恩恵を受けることになります。

これによって、GPTベースのチャットボットに関連するいくつかの未解決の問題を解決または軽減することも可能です。たとえば、GPTテクノロジーを利用した暗号通貨取引ボットは、現在、幻覚を起こす問題があります。技術的な意味では、これは事実に基づいた回答ができない場合に、時々でたらめな情報を作り出すことを意味します。

ユーザー調整データセットを参照し、iPhone上で離れた場所で実行できる事前トレーニング済みのチャットボットは、取引ボットのノイズデータを排除し、ユーザーの財務データ(ウォレットキー、個人情報、取引記録など)を完全にプライベートに保つことができます。

チャットボットの領域でのAppleの影響力は限定的ですが、カリフォルニア州クパチーノに拠点を置く同社は、AIの中で最も影響力のあるプレーヤーの一つです。iPhoneのカメラと写真編集スイートに搭載されているAIは、最先端のものであり、Apple Researchは機械学習の分野で重要な論文を定期的に発表しています。

AIの分野で高名な専門家たちが、同社の秘密のAIラボを通じて最近進出してきたこともあります。これには、「GANfather」として知られるIan Goodfellow氏も含まれます。彼は最近、Google DeepMindに参加するために同社を離れ、現在はAI部門の責任者であるJohn Giannandrea氏もGoogleで検索をリードしていました。