「アップルとゴールドマン・サックス、株式取引機能をiPhoneに搭載することを検討中 – マーケットの下落により暗号通貨は含まれていましたか?」

Apple and Goldman Sachs considering adding stock trading functionality to iPhone - Did cryptocurrency get included due to market decline?

出典:Adobe / twinsterphoto

2020年に世界を揺るがした株式市場の熱狂の最中、Appleとゴールドマン・サックスは革新的な投資機能について静かに協力していたことが内部関係者によって明らかにされました。

CNBCによると、この非公開プロジェクトは、消費者がAppleのエコシステムを通じて株式の売買をすることを可能にすることを目指していましたが、市場の変動性に関する懸念から昨年中に中止されました。

世界の金融情勢が利上げやインフレの上昇とともにますます不確実になる中、Appleとゴールドマン・サックスは戦略を見直しました。実際、Tesla(NASDAQ:TSLA)などの株式は2022年には69.2%下落し、Apple(NASDAQ:AAPL)のような大手企業でも年間で27%下落しました。

製品を使用してユーザーが損失を被った場合の潜在的な反発を心配したテックジャイアントは、代わりに金利の上昇による恩恵を受けやすい貯蓄口座を立ち上げる方向に転換しました。

株式取引プロジェクトの行方は不透明なままですが、最近のゴールドマン・サックスの消費者向け銀行業務の大半からの撤退の決定を考慮すると、投資機能のインフラは既に整っていると関係者は示唆しています。

Appleとゴールドマン・サックスのパートナーシップは、すでに注目すべき金融商品を生み出しており、2019年にはApple Card、その後は後払いローン(BNPL)と高利回りの貯蓄口座が続きました。貯蓄口座だけでも、先月発表された時点で100億ドル以上のユーザー預金を集めました。

株式取引機能についての詳細は非公開ですが、ある仮想的なシナリオでは、iPhoneユーザーが余剰資金を直接Apple株に投資することが想定されています。

Appleは暗号通貨取引を許可していたのでしょうか?

株式取引市場に参入することは、AppleをRobinhoodやSoFi、Squareなどの確立されたプラットフォームや、チャールズ・シュワブやモルガン・スタンレーのE-Tradeなどの伝統的な証券会社と競合させることになりました。

これらのプラットフォームの多く(RobinhoodやSoFiなど)は、ユーザーが仮想通貨を取引することも可能にしています。

Appleがこのようなサービスを提供するかどうかは不明ですが、報道によると、同社の株式市場の変動性への懸念は、デジタル資産市場ではさらに悪化した可能性があります。昨年、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)- 現在の「大手」仮想通貨資産に最も近いもの – はそれぞれ65%と67%下落しました。

また、同社に対する規制当局の監視も強まった可能性があります。証券取引委員会(SEC)は、CoinbaseやBinanceなどを含む今年20以上の仮想通貨企業に対して執行措置を取っており、これらの企業は自社プラットフォームで仮想通貨資産証券を上場したとされています。

Appleは以前、App Storeのプラクティスや、株式取引アプリが市場を「ゲーミフィケーション」する可能性への懸念に対して当局と対立してきました。

他のテックジャイアントも同様のベンチャーを模索しており、イーロン・マスクのX(以前はTwitter)はeToroと提携して株式や仮想通貨の購入を可能にし、PayPalも株式取引を検討してからコアの電子商取引事業に焦点を当てるようになりました。先月、PayPalはPYUSDステーブルコインを発表し、現在Venmoで取引可能です。