「アップルとゴールドマン・サックス、取引アプリの計画を中止:報告書」

Apple and Goldman Sachs cancel trading app plan report

アップルとゴールドマン・サックスは、先物取引のためのアプリの立ち上げ計画を中止したと、CNBCが9月19日に報じました。計画に詳しい人々によると、このプロジェクトは元々2022年のリリース予定日がありましたが、経済状況の悪化に伴い、利上げやインフレ圧力によって投資家がリスキーな資産から離れたため、昨年中止されました。

情報筋によれば、プロジェクトのインフラは「ほとんど完成しており」、アップルが元々の計画を進める場合にはすぐに立ち上げが可能です。また、ゴールドマン・サックスとアップルがこのアプリに暗号通貨の先物取引を含めるつもりだったのかどうかは不明です。

パンデミックの間、アップルはビジネスの多様化を図り、アメリカのクライアント向けに金融ソリューションを提供することを目指し、ゴールドマン・サックスと提携してイニシアチブを開発しました。

すべての大手テクノロジー企業がフィンテック製品に関連しているようです。https://t.co/lYWowJ14np

— Githinji Mwai (@GithinjiMwai) September 13, 2023

銀行との協力のもと、アップルは2019年に初めてクレジットカードを発売しました。今年初めに、このテックジャイアントはゴールドマン・サックスがバックアップする「後で買う、後で支払う」の機能をリリースしました。これにより、ユーザーは購入を4回の均等な支払いに分割でき、利息は一切かかりません。

数週間後の4月には、アップルはゴールドマン・サックスがバックアップする別の製品、年間4.15%の利回りを提供する預金口座を発表しました。最近の報告によると、アップルの預金口座へのユーザーの預入金は100億ドルを超えていました。しかし、このパートナーシップには課題もありました。アップルのクレジットカードの管理により、ゴールドマン・サックスは平均顧客獲得費用が350ドルとなり、財務的な打撃を受けたと報じられています。

アップルの金融サービスへの進出は孤立した動きではありません。X(以前はTwitter)を買収した後、イーロン・マスクはそのソーシャルネットワークを「全てのアプリ」とし、プラットフォーム上で金融サービスを統合する計画を明らかにしました。マスクによれば、数か月後にはユーザーがX上で「自分の金融世界」を遂行できるようになるとのことです。

マスクの計画は進展しているようです。ロードアイランドの規制当局は8月30日にXに通貨送金業者のライセンスを付与し、同社の金融サービスへの進出に向けた一歩を踏み出しました。このライセンスは、ユーザーの代わりに金融サービスを提供する企業に必要なものであり、法定通貨および暗号通貨の両方を含みます。承認により、Xはデジタル通貨の保管、送金、交換が可能になります。また、Xにはアリゾナ州、ジョージア州、メリーランド州、ミシガン州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州でも通貨送金業者のライセンスが発行されました。

雑誌: 変動の激しい市場で暗号通貨を保護する方法-ビットコインの専門家たちの意見