「NFTスタイルのデビットカードはWeb3の未来 – Animoca創設者、3000万ドルの投資について」

Animoca Founder on $30 Million Investment NFT-Style Debit Cards are the Future of Web3

Animoca Brandsの共同創設者兼エグゼクティブ・チェアマンであるYat Siu氏は、同社がネオバンクプラットフォーム「hi」に3000万ドルを投資する中で、Web3ベースのサービスの個人化に大きなポテンシャルを見出しています。

Siu氏の投資会社は、成長するエコシステムの一環として、暗号通貨取引所、デジタルバンキングサービス、カスタマイズ可能な非代替性トークン(NFT)スタイルの暗号デビットカードを組み合わせたWeb3アプリに投資する予定です。

Cointelegraphとの独占インタビューで話すSiu氏は、hiのNFTデビットカードのビジョンが、文化とWeb3の相互作用に関する彼の考えと交差していると述べ、hiの主力である暗号通貨対応のMastercardデビットカードでは、ユーザーが所有するNFTアバターで物理カードを個人化することができると説明しました。

「これは、Web3がユーザーに自己表現と個性を新しくエキサイティングな方法で表現する機会を提供する、個人化への持続的なシフトの一例です。」

カスタマイズ可能なNFTスタイルのデビットカード。出典:hi.com

この合意の中心的な特徴は、さまざまなWeb3トークンとNFTの有用性を高める可能性です。hiのエコシステムには、Web3に統合された金融アプリケーションと、Ethereum Virtual Machineに互換性のあるサイドチェインであるhiプロトコルが含まれています。

両社はまた、hiプロトコルの人間の証明解決策を通じて「ユニークな人間認証メカニズム」の採用を推進する予定です。

関連記事:Animocaはブロックチェーンゲームに依然として楽観的で、メタバースファンドのライセンスを待っています

hiの共同創設者であるSean Rac氏は、プロトコルの人間の証明解決策がWeb2時代の課題に対処しているとCointelegraphに語りました。Web2時代では、一握りの企業が「主要な資格証明プロバイダー」として確立した後、ユーザーデータとアイデンティティの制御を獲得しました。

Rac氏によれば、hiの解決策は、人間が所有するアカウントを検証するアイデンティティ検証者としての役割を果たすノードセットと、ネットワークを保護するブロックプロデューサーのセットを使用するデュアルノード構造を利用して、これに対処します。

Rac氏は、このアプローチが「人間のみ」のネットワークや分散型アプリケーションへの可能性を開くことができると付け加えました。

Animoca Brandsと@hi_com_officialは、パートナーシップのための覚書を締結し、$SAND、$EDU、$APEなどのユーティリティトークンの実世界のユースケースを作成するために、fiatと仮想通貨の世界を結びつけるhiの献身的な活動をサポートします! https://t.co/i5qOjMluPv

— Animoca Brands (@animocabrands) July 27, 2023

このパートナーシップにより、The Sandbox(SAND)やApeCoin(APE)などのAnimoca Web3エコシステムトークンの送受信が可能になります。このWeb3アプリは、350万人以上のユーザーを擁しているとされています。

このカードサービスは、Mastercardサービスを利用して世界中の90,000,000の加盟店でフィアット通貨または暗号デビットカードを使用することができるようになる予定です。

このプラットフォームは、Revolutなどのネオバンクによって形成された領域に進出することを目指していますが、Web3への焦点は、支持者や愛好家を引き付けるかもしれません。彼らはデビットカードを持って自分の貴重なBAYC、Meebit、またはPudgy Penguin NFTを見せびらかすためだけでも。

Siu氏は、この投資はhiが新たなユーザー層をWeb3にもたらし、The SandboxなどのAnimoca自身のプロパティにももたらすという信念に基づいていると述べました。

「私たちは、hiのコアアプリケーションがオンランプとオフランプのレールを容易にし、さらなる大衆への採用を促進すると信じています。」

また、Animocaは様々なNFTやWeb3プロジェクト、プラットフォーム、NFTコレクションに投資しており、この取引には大きな価値があるかもしれません。Siu氏も、両社の間で確定的な合意が締結された後に投資が開始されると述べています。

このネオバンクはリトアニアで仮想資産サービスプロバイダ(VASP)としての承認を受けており、イタリアの支払いサービス規制機関によって仮想通貨オペレーターとして認識されています。hiのアジアでの存在感は進行中であり、プラットフォームは香港証券及び期貨取引委員会を通じてVASPライセンスを確保するために事前登録を行っています。

Siu氏は今月初めにCointelegraphに語った際、Animocaは香港で提案されている10億ドルのメタバースファンドの規制ライセンスをまだ待っていると述べました。同社は引き続き、ブロックチェーンゲームとWeb3プロジェクトに積極的に投資しています。

マガジン:Web3ゲーマー:マインクラフトでビットコインを稼ぐ、BGAの男女比50/50、Oath of Peakのホットな意見