アンドリーセン・ホロウィッツの暗号資産投資部門がロンドンオフィスを設立する予定です-次の暗号通貨の拠点?

規制不確定性が高まる中、多くの米国の暗号通貨企業が拡大を図っています。

最新の拡大計画を発表したのは、VC Andreessen Horowitzの暗号通貨投資子会社、a16z cryptoです。

同社は、米国証券取引委員会(SEC)が2つの主要な暗号通貨取引所に対する訴訟を起こした数日後、初めての国際オフィスをロンドンに開設する計画を発表しました。

同社は、米国の過剰な規制環境を理由に移転することを示唆しました。

規制不確定性が高まる中の拡大計画

この発展は、a16z cryptoが「State of Crypto」という報告書で、米国での暗号通貨関連活動の減少について報告した1か月後に発表されました。

同社は、明確な規制体制がなければ、スタートアップに開かれた道を提供しながら、消費者を詐欺や操作から保護する規制体制によってのみ、暗号通貨が繁栄することができると指摘しました。

同社は「新しいビジネスモデルや技術を禁止することは、アメリカの価値観を損ない、イノベーションと雇用を海外に追いやる」と述べ、Coinbase、Ripple、Binanceなどの暗号通貨に特化した企業や業界のトップリーダーも同様の懸念を表明しています。

特に、英国は暗号通貨企業にとってはより魅力的になっており、暗号通貨に対する法的枠組みを確保するための取り組みを進めています。

CoinbaseやRippleなどの暗号通貨企業は、米国での規制問題に続いて、ロンドンに新しいオフィスを開設したことがあります。

a16z cryptoは「State of Crypto」報告書で、新しいビジネスモデルや技術を禁止することは、アメリカの価値観を損ない、イノベーションや雇用を海外に追いやると指摘しています。

同社は、現在暗号通貨業界で存在する「カジノ文化」が引き起こす欠点について言及しました。

同社は、世界中の政策立案者や規制当局と協力して、この問題に対処していると述べています。

同社のリーダーであるクリス・ディクソンは、「分散を促進する規制枠組みが必要であり、妨げるものではない」と述べ、「英国の政策立案者や規制当局は、ブロックチェーンとデジタル資産の規制に特化したアプローチをとっている」と付け加えました。