「アナリストは、JPEXのスキャンダルが小売業のセンチメントに重大な負の影響を与えると考えています」

Analysts believe that the JPEX scandal will have a significant negative impact on retail industry sentiment.

出典:Pixabay / Andy Leung

香港史上最大の金融詐欺とされるJPEXスキャンダルは、数千人の被害者に被害をもたらすだけでなく、仮想通貨に対する小売りの信頼にも大きな打撃を与えました。

アナリストや業界の専門家は、JPEXの失敗からの影響が仮想資産企業に重大な課題をもたらし、政府のセクター拡大の取り組みを妨げる可能性があると懸念を表明しています。

「Web3がまだ完全に理解されていない時期に、JPEXのケースは香港の人々にデジタル資産と広範なWeb3産業に対してネガティブな印象を与えました」と、仮想通貨ベンチャー投資家で人工知能スタートアップDreamWld TechnologyのチーフビジネスオフィサーであるCyrus Ip氏はSouth China Morning Postに語りました。

2021年に設立されたJPEXは、有名なビジネスや交通の中心地で広告キャンペーンを展開し、小売投資家をターゲットにしました。

取引所はライセンスを持つ仮想通貨取引所であり、最大20%の高利回りを約束して投資家を誘いました。

しかし、先週、同社は引き出し手数料を上げ、プラットフォーム上のEarnプログラムの運営を一時停止し、流動性危機を理由にしました。

当時、一部のユーザーは、引き出しに999 USDTの手数料がかかり、引き出しの最大額が1,000 USDTに設定されていると主張しました。

停止後、自称のJPEX被害者向けのTelegramのチャットグループは12,600人以上のメンバーを集めました。

この取引所には少なくとも2,305人の被害者が関与し、投資額は約14.3億香港ドル(1.82億米ドル)に及ぶと疑われています。

JPEXスキャンダルは小売りのセンチメントに否定的な影響を与える

「私はこのスキャンダルが小売りのセンチメントにかなりの否定的な影響を与えると思います。特に地元における存在感と関与するさまざまな有名人が関係しているためです」と、ダイワキャピタルマーケットのブロックチェーンおよび仮想通貨研究責任者であるCarlton Lai氏は語りました。

これにより、Web3イニシアチブに対する小売投資家の説得がより困難になり、政府が追求する可能性があるWeb3イニシアチブに対する抵抗が生まれるかもしれないと、DreamWldのIp氏は述べました。

彼は、これらの課題に対応するため、政府は現在のWeb3推進を遅らせるかもしれないと付け加えました。

香港当局は既にこの取引所に対する規制強化を開始しています。

9月13日、証券先物委員会(SFC)は、JPEXのライセンス状況に関する疑わしい要素と誤解を招く主張について警告を発しました。

その後、警察は同社に関わるJPEXの従業員やインフルエンサーを含む複数の個人を逮捕しました。

俳優ジュリアン・チョン・チーラム氏や女優ジャクリン・チョン・セミン氏などの地元の有名人も、警察からの聴取を受けました。

JPEXがSFCに反撃

JPEXは、SFCを非難し、曖昧なガイドラインとでっち上げの罪状を提供した上、通信事業者にプラットフォームのブロックを指示したと主張しています。

同社は、合理的な交渉とコミュニケーションへの取り組みをSFCが無視したと述べています。

JPEXの騒動にもかかわらず、アナリストは業界の長期的な展望は依然として有望であると考えています。

Hong Kongのデジタル資産サービスプロバイダであるVDXの最高運営責任者であるDonald Day氏は、「JPEXに対する最近の執行措置は、小売投資家の強力な保護を備えた機関投資家向けのデジタル資産経済を構築するための香港の取り組みを示しています。」と述べました。

Day氏は、小売投資家の関心と信頼は時間の経過とともに回復する傾向があり、特に牛市場の間に回復すると付け加えました。

一方、香港政府は「新しい規制フレームワークと投資家保護に関する措置について、一般市民に対してより多くの教育を行う必要があるでしょう」と述べました。