AMDがNvidiaの市場支配に挑戦するための新しいAIチップを発表

アメリカの多国籍半導体企業AMD(NASDAQ:AMD)が、ライバルのNvidia(NASDAQ:NVDA)に挑む新しいAIチップを発表しました。同社は、MI300Xが人工知能に最適化された最も先進的なGPUであることを発表しました。同社は、年内に一部の顧客に出荷が開始されると付け加えました。また、5月の収益発表の際、AMDのCEOであるLisa Su氏は、AIチップが2024年に大量出荷されると述べました。

一方、Nvidiaは現在、AIチップ市場でボスの地位を占めています。アナリストは、同社のAIチップが市場の80%以上を占めていると明らかにしました。Nvidia H100は、現在AIプロフェッショナルの「workhorse」となっている約1万ドルのチップです。また、このチップは人工知能産業における主要なツールでもあります。AMDのMI300XとNvidiaのH100の notable differenceは、ストレージの設備です。AMDのAIチップは最大192 GBのメモリを使用できますが、Nvidiaのチップは120 GBをサポートしています。

さらに、AMDは、400億パラメータモデルのFalconを実行しているチップのデモを行いました。ジェネレーティブAIアプリ用のLLMsは、計算の数が増えるにつれて多くのメモリを使用します。Su氏は、「モデルサイズは大きくなっており、」最新のLLMsを実行するには複数のGPUが必要であると説明しました。彼女は、AMDチップに追加されたメモリにより、開発者がより少ない数のGPUを必要としなくなると述べました。

AMDは新しいAIチップでNvidiaの支配地位を奪うことができるのか?

AMDがAIツールまたは「アクセラレーター」を発表したことは、現在Nvidiaが直面している最も強力な挑戦のように思えます。開発者やサーバーメーカーがAIチップに注目すれば、同社にとって大きな追加になる可能性があります。これは、同社の長期的な成長戦略にも役立つ可能性があります。先週、Lisa Su氏は、アナリストや投資家に対し、AIを同社の「最大かつ最も戦略的な長期成長機会」と位置づけました。彼女は次のように述べています:

「データセンターAIアクセラレーター[市場]は、今年約300億ドルから、50%以上の複利成長率で、2027年には1500億ドル以上に成長すると考えています。」

AIチップは、PCの販売が大幅に減少したことに伴い、半導体産業での主力商品となっています。一方、PCは、半導体プロセッサの販売を推進する主要な要因です。

さらに、AMDは8つのM1300Xアクセラレータをシステムに組み合わせたInfinity Architectureを提供する予定です。これは、NvidiaとGoogle(NASDAQ:GOOGL)がAIアプリのためのボックス内に8つまたはそれ以上のGPSを接続できる単一のシステムを提供したものに似ています。

現在、AMD株は、プレマーケット取引セッションで1.97%上昇し、126.98ドルで取引されています。