『AMD株、2023年第2四半期の収益およびAIチップ生産の拡大計画後に上昇』

AMD株、2023年第2四半期に収益およびAIチップ生産を拡大、株価上昇

8月1日(火曜日)、Advanced Micro Devices Inc(NASDAQ:AMD)は第2四半期の業績が予想をわずかに上回る結果を発表しました。同社は第2四半期の非米国会計基準(non-GAAP)での1株当たりの利益を57セントと報告し、前年同期比で45.7%減少しました。減少にもかかわらず、ストリートの予想を1セント上回りました。

同社のグループ収益も18.2%減の53.59億ドルとなり、アナリストの予想(53.1億ドル)をわずかに上回りました。また、ゲームセクターの収益も前年比4%減少し、16億ドルとなりました。データセンターの収益も11%減の13億ドルとなりました。パーソナルコンピューティングを含むクライアントセグメントは、売上高が54%減少し、9.98億ドルに達しました。一方、組み込みセグメントの売上高は16%増加し、15億ドルになりました。

今後の財務年度について、AMDは第1四半期の売上高を約57億ドルと予測しており、誤差は3億ドルです。同社は総合利益率を約51%と予想しています。リファイニティブの予測では、第3四半期の売上高は58.2億ドルとされていました。

AMDの株価は火曜日に2.8%上昇し、117.60ドルで取引を終えました。2023年の初めから82%の利益を上げ、AMDはフィラデルフィア証券取引所セミコンダクター指数で2番目に成績の良い銘柄です。

AMDがAIの波に賭けています

Advanced Micro Devicesは、今年中に人工知能(AI)チップの発売に向けて準備を進めています。AMDのCEO、Lisa Su氏は、同社が年末にトップクラスのMI300 AIチップをさらに生産する準備をしていると発表しました。

これらのチップは非常に需要が高く、Nvidiaの先進的なH100チップと競合するよう設計されています。多くの顧客がMI300シリーズに強い関心を示しており、AMDは主要なクラウドプロバイダーや大手企業、主要なAI企業とのパートナーシップを強化しています。

AMDは、MI300チップの需要に対応し、2024年まで需要を満たすために、第4四半期に積極的に発売するための十分なコンポーネントを持っていると保証しています。古いMI250チップは、より複雑なAIタスクに対してまだ人気がありますが、新しいMI300チップは市場で重要な役割を果たすでしょう。

投資家は、MI300チップの発売がAIチップの急成長市場でNvidiaに挑戦すると考えています。ただし、MI300チップは現在、輸出規制により中国での販売が許可されている性能制限を超えています。Nvidiaやインテルとは異なり、AMDは中国市場向けに特別なチップを製造していません。

これに対応するため、AMDはMI300および古いMI250チップを米国の輸出規制に準拠させながら、中国でのAIソリューションへの需要にも応えることを検討しています。Lisa Su氏は次のように述べています。

「第2四半期には4th Gen EPYCおよびRyzen 7000プロセッサが大幅に増加し、強力な結果を出しました。Instinctアクセラレータの将来的な展開を支援するプログラムを開始または拡大する複数の顧客とのAIの関与は、四半期ごとに7倍以上増加しました。データセンターAIソリューションに対する顧客の要望に応えるための重要なハードウェアおよびソフトウェアのマイルストーンを達成するための強力な進展を遂げ、第4四半期にMI300アクセラレータの発売と生産の拡大に向けて進んでいます。」

当社のウェブサイトで他のビジネスニュースを読んでください。