「AmazonとAnthropicが力を合わせてジェネレーティブAIの進展を図る」

Amazon and Anthropic collaborate to advance Generative AI.

アメリカの電子商取引大手、Amazon.com Inc(NASDAQ:AMZN)は、サンフランシスコに拠点を置くAIセーフティーおよびリサーチスタートアップのAnthropicとの戦略的パートナーシップを発表しました。この取引において、AmazonとAnthropicは、より安全で、パフォーマンスが向上し、信頼性の高い先進的な生成AIモデルの開発に取り組むことになります。

Anthropicは、AIモデルのトレーニングと展開にAmazon Web Services(AWS)のTrainiumおよびInferentiaチップを利用します。さらに、AWSは、安全性研究および将来の基盤モデルの開発を含むミッションクリティカルなワークロードの主要なクラウドプロバイダーとしての役割を果たします。

一方、Amazonの開発者やエンジニアにとって、この取引によりAnthropicのモデルにアクセスし、Amazon Bedrockを介して生成AIの機能を組み込むことが可能となります。

AmazonのCEO、Andy Jassyは以下のようにコメントしています。

「Anthropicのチームと基盤モデルには非常に高い評価をしており、より深い協力を通じて、多くのお客様の体験を短期および長期にわたり改善できると信じています。お客様はAmazon Bedrockに非常に興奮しており、AWSの新しいマネージドサービスであり、各種の基盤モデルを使用して生成AIアプリケーションを構築することができるものです。また、AWSのAIトレーニングチップであるAWS Trainiumとの協力により、お客様はこれらの2つの機能からさらに多くの価値を得ることができるでしょう。」

さらに、AmazonはAnthropicに最大40億ドルを投資します。最初の投資額である12.5億ドルは、AIスタートアップへの少数派持分を取得するために行われます。

AmazonとAnthropicの協力の歴史

特筆すべきは、AnthropicがAWSの顧客であることです。今年4月、AmazonはAmazon Bedrockサービスを導入し、開発者や企業に先進的なモデルへの安全でシームレスでスケーラブルなアクセスを提供しています。

Bedrockは、Stability AIのテキストから画像へのモデル(Stable Diffusion)、AI21 Labsの多言語LLMs、およびAnthropicの多言語LLMs(ClaudeとClaude Instant)へのアクセスを提供します。これらのモデルは対話型およびテキスト処理のタスクに優れています。当初の目標はGoogleとOpenAIに対抗することでした。Bedrockを使用することで、Amazon Web Servicesのユーザーは基盤モデル(FMs)から生成AIを展開することが約束されました。

AnthropicのCEOであるDario Amodeiは以下のように述べています。

「4月にAmazon Bedrockのサポートを発表して以来、ClaudeはAWSの顧客から大きなオーガニックな採用を受けています。パートナーシップを大幅に拡大することで、AWSの先進的なクラウドテクノロジーと共に、組織がAnthropicの安全で最新のAIシステムを展開する新たな可能性を開くことができます。」

Anthropicモデルを既にAmazon Bedrock上で構築している企業には、主要な法律、規制、およびビジネス情報および分析のグローバルリーダーであるLexisNexis Legal & Professional、機関投資ポートフォリオ管理のグローバルリーダーであるBridgewater Associates、および旅行ガイドのリーディングブランドであるLonely Planetなどが含まれます。

AmazonとAnthropicの両社は、生成AIを安全かつ信頼性の高いものにすることに焦点を当てています。この観点から、両社はAI技術の責任ある開発および展開を推進しています。