「アルトコインの急落により、仮想通貨市場が下落ビットコインは0.7%下落し、29,150ドルになりました」

Altcoin crash caused the cryptocurrency market to decline, with Bitcoin dropping 0.7% to $29,150.

火曜日の午後に急激な売りが入り、ほとんど静かなセッションだった中で、仮想通貨は大幅に下落しました。

CoinDesk Market Index(CMI)の1.3%の下落をリードしたのは、Ripple(XRP)、Dogecoin(DOGE)、Polkadot(DOT)、Polygon(MATIC)、Uniswap(UNI)などのオルトコインで、過去24時間で4%以上の損失を記録しています。一方、仮想通貨の主要通貨であるBitcoin(BTC)とEthereum(ETH)は、いずれも1%未満の下落にとどまりました。

おそらく、今朝の7月の米国小売売上高レポートが予想を大幅に上回ったため、マクロの不安が仮想通貨に影響を与えました。小売売上高データを含めたアトランタ連邦準備銀行のGDPNowモデルは、第3四半期の米国のGDP成長率を5%と速いものに予測しています。これは、連邦準備銀行が利上げを停止する必要があるような経済ではなく、利下げを考え始める必要もないような経済です。

「世界的な債券市場の売りが再開され、中央銀行の引き締めリスクが高まることで、仮想通貨が下落しています」と、OANDAのシニアマーケットアナリストであるエド・モヤ氏はCoinDeskに語りました。「引き締めの終わりは予想されていましたが、今ではそうではないようです」

経済ニュースに続いて、ナスダック、S&P 500、ダウ・ジョーンズ工業株価指数は、それぞれ1%以上下落し、10年および30年の米国国債利回りは2023年の最高値を更新しました。

仮想通貨の冬が続く

2023年に入ってから仮想通貨は少なくともある程度安定しているようですが、価格や取引活動は鈍化したままです。先週木曜日、The Blockは、市場メーカーのGSRでさらなる人員の退職があったと報じています。その中には、最高財務責任者であるジョナサン・ヒュー氏も含まれています。「ビジネスの運営と戦略は、変動する市場環境に対応するために自然に進化してきました」と、GSRの広報担当者は述べています。

同社は昨年10月に、当時300人のスタッフの約10%を削減しました。