アリババの菜鳥は香港証券取引所に10億ドルのIPOを申請しました

Alibaba's Cainiao has applied for a $1 billion IPO on the Hong Kong Stock Exchange.

Cainiao Smart Logistics Network Ltd(カイニャオ・スマート・ロジスティクス・ネットワーク)は、アリババ・グループ(HKG: 9988)の物流部門であり、香港証券取引所にA1の申請を提出し、最低でも10億ドルの資金を調達することを目指して、初めての公開株式(IPO)を行います。

アリババがカイニャオの大株主に

カイニャオを香港証券取引所に上場させる一方で、アリババは物流部門に対して重要な出資を維持し続ける予定です。

発表によれば、カイニャオのスピンオフ後もアリババは50%以上の株式を保持し続ける予定です。これにより、アリババはカイニャオの独立した財務体制を確立させる一方で、物流部門の運営において重要な程度の統制を維持する意欲を示しています。

アリババがカイニャオを香港証券取引所に上場する計画であることは注目を浴びていますが、まだ開示されていない重要な詳細が存在します。株式の価格情報や上場の予定日などはまだ明らかにされていません。

しかし、IPOの成功は間違いなく上場時の市況と投資家のセンチメントに依存するでしょう。それにもかかわらず、アリババがグローバルな電子商取引の世界で重要な存在であることを考えれば、カイニャオの将来的な成長に投資することを望む投資家からの大きな関心が予想されます。

歴史的なIPOの誕生

この動きは、アリババのエコシステム内での成長と重要性を示すだけでなく、2023年に世界で最も大きなIPOの1つになる可能性があります。

最終的な評価額と公開規模は市況によって変動する可能性があることに注意する必要があります。しかし、カイニャオが計画通りに資金を調達できれば、物流業界や香港証券取引所にとって画期的な瞬間となるでしょう。

このIPOの重要性は、今回の公開が予想される世界的なランキングを考慮するとさらに強調されます。カイニャオのIPOは、2023年において世界第2位となることが予測されており、現在のところアーム・ホールディングス(NASDAQ: ARM)の驚異的な50億ドルの上場に次ぐものとなるでしょう。

カイニャオのIPOは、中国の白酒製造会社ZJLDの今年4月の6億7640万ドルのIPOを上回り、今年の香港証券取引所での最大の公開です。また、これは2022年8月の中国観光集団との23億ドルの取引以来、香港で初の10億ドル以上のIPOとなります。

アリババがカイニャオを上場させる決定は、同社の歴史の中で最も劇的な変革の一環として行われました。今年3月にアリババは、ビジネスを6つの独立したユニットに再編する計画を発表しました。この動きは、各ビジネスユニットの効率と焦点を向上させると同時に、独自の成長の機会を提供することを約束しています。カイニャオの上場は、この再編プロセスにおける最初の具体的なステップであり、他のユニットも近い将来に続くことが予想されています。