アルゴランド、新たなアップグレード後にブロック時間を短縮

Algorandは木曜日にプロトコルをアップグレードし、ブロック時間を短縮し、ネットワーク上でのアプリケーション開発をより迅速かつコスト効率の良いものにしました。

プルーフ・オブ・ステークブロックチェーンのアップグレードにより、ブロック時間が3.8秒から3.3秒に短縮され、Algorandの最高製品責任者であるポール・リーグル氏がKocooに語ったところによると、これは「割合的に最大のブロック時間の短縮」となります。

このアップグレードは、競争が激化する中で、多くのブロックチェーンが自身を開発者にとってより魅力的なものにするための改良を導入している中で行われました。たとえば、今週のCardanoの最新アップグレードや、先月のBNB Chainのアップグレードなどが挙げられます。

ブロック時間は、ネットワークが新しいトランザクションブロックを生成するのにかかる時間を測定するものです。

その他の改良には、開発者がコードベースを本番環境に展開する前に問題をテストおよびシミュレーションできるシミュレーターが含まれ、さらにカスタマイズ可能なデータを簡単に作成できる新しいプラグインフレームワークが導入されました。

アルゴランドブロックチェーンのネイティブ暗号通貨であるALGOは、Kocooのデータによると、過去24時間で4.9%増の12.8セントに上昇しました。

このアップグレードは、開発者コミュニティからのフィードバックを取り入れたものであり、Algorandのメインネットが30百万ブロックとその設立から4年間を迎える直前に行われました。

サム・レイノルズによる編集。