「AIが暗号通貨取引所の機能を最適化 – Bitgetの役員」

AI optimizes the functionality of cryptocurrency exchanges - Bitget executives

仮想通貨取引所は、人工知能を活用して内部の部門や機能を改善する新しい方法を見つけていると、BitgetのマネージングディレクターであるGracy Chen氏は述べています。

パリで行われたEthCCの中でCointelegraphの編集者であるZhiyuan Sun氏との対談で、取引所のマネージングディレクターは、取引所がAIツールを日常のプロセスに取り入れる方法についていくつかの点を挙げました。Chen氏は、同社の経営チームに積極的にAIツールやサービスを各部署で使用し実験しているかフィードバックを求めていると述べました。

関連記事: Vitalik Buterin氏がEthereumのアカウント抽象化の課題を共有:EthCC

2023年には、AIが広範な技術業界の重要な焦点となり、OpenAIのChatGPTチャットボットなどの大規模な言語学習モデルが、革新的な数々の業界への応用を約束する多くのユースケースを持っています。

Chen氏は、AIツールは翻訳チームに特に役立ち、マルチ言語サービスや顧客サービス部門の翻訳をAIが処理するために活用されていると述べました。一方、第三者企業の助けを借りて、Bitgetはユーザーの取引活動を支援するための「カスタマイズ可能な暗号通貨版ChatGPT」の開発に取り組んでいます:

「ユーザーはボットと対話して、特定のクエリに対する迅速な応答、カスタマイズされた情報や取引データを取得することができます。」

以前にCointelegraphが探求したように、Bitgetは自動取引を実現するためのAI機能をグリッドトレーディング戦略に導入しました。

このボットは、ユーザーが望む戦略と投資額を入力するだけで、グリッドトレーディングの複雑さを減らすように設計されています。その後、ボットはパラメーターを繰り返し、与えられた取引ペアでさまざまな取引戦略を作成します。

関連記事: Bitgetがポーランドで規制ライセンスを取得、第1四半期の準備資金は8000万ドルに

グリッドトレーディングは、ユーザーのために自動取引を行うための取引アルゴリズムを使用します。このアルゴリズムにより、ボットは特定の価格範囲と時間間隔内での買い注文と売り注文を作成し、「安く買って高く売る」戦略を活用します。

「私たちの各部門は、何らかの形でAIを通じたアプリケーションを実験していると言えるでしょう。」

Chen氏によれば、ゼロ知識証明(ZKプルーフ)技術は、仮想通貨取引所を改善するための別の解決策となり得るとのことです。Bitgetのマネージングディレクターは、この技術のプライバシー強化機能を、ユーザーの資金やデータが適切に扱われることを保証するための追加手段として強調しました。

「ZKはユーザーのデータを保護するために非常に役立ちます。いくつかのことを実験していますが、その1つはzk-rollupsを介してユーザーの情報を保護することです。」

Chen氏は、zkプルーフがユーザーの機密性のために内部システムが特定のデータにアクセスできないようにも防ぐことができると述べました。ゼロ知識証明は、zk-rollupsを使用して自己保管を可能にすることで、中央集権型取引所がユーザーの資金を保管する代わりになる可能性もあります。

記事:専門家たちはAIに人間の「魂」を与え、私たちを全滅させないようにしたいと考えている