AI Deepfakesがサイバー恐喝の選択ツールになっているとFBIが発表 – このプロセスで暗号通貨はどのように使用されているのか?

連邦捜査局(FBI)は、サイバー脅威として増加している「ディープフェイク」の使用について、厳しい警告を発した。

FBIは最近の報告書で、悪意のある行為者がディープフェイクを使用して、ソーシャルメディアアカウントやオープンインターネットから取得した写真や動画を操作し、本物のように見える性的な画像を作成していると述べた。

その後、これらの写真をソーシャルメディアやポルノサイトで拡散し、セクストーションの企てや被害者を嫌がらせするために使用している。

FBIは、人工知能による画像生成機能の品質、カスタマイズ性、アクセシビリティの向上がディープフェイクの成長にさらに貢献していると述べた。

この委員会は、若年者を含む被害者からの報告を受け取ったと述べ、彼らの写真や動画が改ざんされ、公然と流布されたことがあると述べた。

多くの被害者は、自分たちの画像がコピーされ、操作され、オンラインで発見されるまで気づかなかった。

改ざんされたコンテンツが拡散されると、被害者はインターネット上での継続的な共有や削除の防止に直面することになる。

FBIは、「悪意のある行為者は、身代金を要求するために改ざんされた写真や動画を使用したり、(ヌード写真を送信するなどの)その他の要求に従わせるために使用したりしている」と述べた。

この連邦機関は、個人的な写真、動画、識別情報をソーシャルメディア、出会い系アプリ、その他のオンラインサイトに投稿したりダイレクトメッセージを送ったりする際には注意を払うことを推奨している。

さらに、子供やその情報を含む画像、動画、個人的なコンテンツをオンラインで投稿する際には慎重に行動するべきであり、知らずにまたは同意なしに悪意のある行為者によってキャプチャされ、操作され、配布される可能性がある。

ソーシャルメディアアカウントのプライバシー設定を適用し、個人情報を頻繁にオンラインで検索し、逆画像検索エンジンを使用し、未知または見知らぬ人とのフレンドリクエストやコミュニケーションに注意を払い、複雑なパスワードと多要素認証でオンラインアカウントを保護することもFBIの推奨事項の一部である。

ディープフェイクを使った暗号通貨ユーザーへの攻撃

最近では、ディープフェイクを使用して、怪しまれない暗号通貨ユーザーを狙った事件も起きている。

例えば、5月には、テスラとTwitterのCEOであるイーロン・マスクのディープフェイクが作成され、暗号通貨詐欺を宣伝するために使用された。このビデオには、過去のインタビューからのマスクの映像が含まれ、詐欺的なスキームに合わせて操作されていた。

詐欺師たちは潜在的な暗号通貨投資家の需要を高めるために長年にわたってディープフェイクを頼りにしている。

詐欺師たちはインフルエンサーや高級暗号通貨関係者、そして信頼を得るために普通の人々まで偽装している。

昨年、電子商取引の労働者であるミランダは、会社から公式に許可を得ていなかったため、本名を明かしたくなかったが、インスタグラムアカウントにディープフェイクビデオがリリースされ、彼女が暗号通貨詐欺を宣伝している姿が公開されたという攻撃に遭った。