AgoriaがファンにNFT所有権を与え、今後のアルバム発売を促進します

フランスの著名な DJ、プロデューサー、そして NFT アーティストである Agoria は、音楽業界の伝統的なノルムに挑戦する画期的なイニシアチブを主導しています。興奮を誘う動きとして、Agoria はファンに NFT による彼の次のアルバムの所有権を与えるチャンスを与えています。この革新的なアプローチは、アーティストとファンのギャップを埋めるだけでなく、デジタル時代における所有概念を変革します。

ブロックチェーン技術の力を活用することで、Agoria はファンにとってユニークで没入感のある体験を提供することを目指しています。NFT は、ユニークなアイテムの所有権または正当性の証明を表すデジタル資産であり、この変革的な取り組みの核心です。各 NFT は、オーナーにアルバムの独占的な権利を与え、特別な機能や未公開コンテンツにアクセスし、音楽に関連するインタラクティブな体験に参加することができます。

Agoria はファンの音楽所有権を民主化しようとする

Agoria が NFT を探求する決定は、音楽業界全体での広いトレンドを反映しています。アーティストは、新たな収益源を創造し、ファンとより密接なつながりを築き、海賊行為などの問題に対処するために、ますますブロックチェーン技術を活用しています。

それにもかかわらず、Agoria の NFT ベースのアルバム発売の主な利点の1つは、音楽所有権の民主化です。歴史的に、音楽所有権は物理的なコピーまたはデジタルダウンロードに限定されており、購入以外にファンはほとんど制御や関与の機会がありませんでした。NFT は、ファンにデジタルコンテンツの真の所有権を与え、アーティストの作品により深く関わる機会を提供することで、このパラダイムを変えます。

Agoria の次回作は、既に Ibiza での初演時に熱狂的な反応を受けています。アーティストは、数年前に発見したアルペジオから発想を得たと明かし、その作品に満足していると語りました。この画期的なプロジェクトに対する期待感を高めるため、この楽曲の公式リリースパーティーは6月7日にリスボンで開催される NFC リスボンイベントで行われます。

Agoria はブロックチェーンベースの音楽プラットフォーム Bolero を組み込む

このイニシアチブを実現するために、Agoria はブロックチェーンベースの音楽プラットフォームである Bolero と提携しました。Bolero の最近発表された「Song Shares」機能は、ウォレットに NFT ベースの曲を保持しているファンへの報酬の配布を手助けします。Bolero の CEO、William Bailey は、Song Shares の導入以降、プラットフォームの成長が著しく、2022年の数字を上回ったと強調しました。Agorians Song Shares は、主に Ethereum と Tezos のトップ NFT コレクターに割り当てられ、残りの10%は Bolero ユーザーによって購入できます。

特筆すべきことに、トレーサビリティと再分配を活用することで、Agoria の Bolero とのコラボレーションは、アーティストやクリエイターに対するより公正な報酬構造への移行を体現しています。このアプローチは、音楽業界の伝統的なダイナミクスを変え、アーティストに直接的な報酬を与える可能性があります。ロイヤルティを受け取るためには、Bolero のユーザーはプラットフォーム上にアカウントを作成し、ウォレットを接続する必要があります。これにより、プロセスの透明性とアクセシビリティが向上します。