マルチチェーンのインシデント後、Connextの創設者が「主権付きブリッジドトークン」の標準を提案しました

After the incident with MultiChain, the founder of Connext proposed the standard of Sovereign Bridged Tokens.

7月7日に提案された「イーサリアムの改善提案(EIP)」は、トークンがネットワーク間でどのようにブリッジされるかを標準化することを目指しています。EIP-7281と呼ばれる「主権ブリッジトークン」の標準により、トークン発行者は複数のネットワーク間で公式なブリッジを作成することができます。

この提案は、Connextブリッジングプロトコルの創設者であるアージュン・ブプタニ氏によって共同執筆されました。ブプタニ氏は7月7日にソーシャルメディアで投稿し、このプロトコルが7月6日のマルチチェーンのインシデントのような問題を防ぐのに役立つと主張しました。このインシデントは一部の専門家によって「ハック」と形容されています。

今日の@MultichainOrgのハックは、トークンがブリッジから直面するシステム上のリスクを思い起こさせる悲しい出来事です。私たちが信じるこれらのリスクは、一つの根本的な問題から生じています: ✨トークンの主権✨私たちはERC-7281(またはxERC20とも呼ばれる)を提案して、これを修正するためのオープンスタンダードとしています。

— Arjun | ERC-7281 arc (@arjunbhuptani) July 7, 2023

提案の議論ページによれば、この提案ではトークン発行者が公式なブリッジのリストを指定することができます。このリストに追加されたブリッジのみが発行者のトークンの公式バージョンを作成することができます。発行者はまた、ブリッジが作成できるトークンの数を制限することもできます。これらのパラメータは発行者が事実上いつでも変更することができます。

ブプタニ氏の見解では、この提案により「トークンの所有権がブリッジ(公式または第三者)からトークン発行者自身の手に移る」とし、ブリッジのセキュリティに問題がある場合の損失を制限すると述べています。

「ハックや脆弱性の場合、特定のブリッジのリミットレートに発行者のリスクが制限され、発行者はユーザーとの痛みや時間のかかる移行プロセスを経ずにブリッジを簡単にリストから削除することができます。」

関連記事: 2012年以来、暗号通貨エコシステムから300億ドルが盗まれている:報告書

ブプタニ氏は、この提案が分散型ファイナンスにおけるユーザーエクスペリエンスの問題を防ぐのにも役立つと述べており、すべてのブリッジが同じ公式トークンを発行することになるため、同じトークンの複数のバージョンの必要性がなくなると主張しています。

ステーブルコインの発行者であるCircleは、既にCross-Chain Transfer Protocol(CCTP)を作成して、そのトークンであるUS Dollar Coin(USDC)の公式ブリッジをリストアップしています。EIP-7281はCCTPの基本的なコンセプトを実装することを意図しており、「すべてのトークンに広く適用する」と提案のノートに記載されています。

CircleとTetherの両社は、マルチチェーンのインシデントで使用された一部のアドレスをブラックリストに登録し、これらのアドレスからUSDCとTether(USDT)の総額6500万ドルを移動させないようにしています。