LBRYクレジットトークンは、LBRY Inc.に対する連邦裁判所の判決後、急落しました

After the federal court ruling against LBRY Inc., the LBRY Credit token experienced a sharp decline.

  • 現在、LBRYトークンは7月11日の$0.01235から$0.009298まで急落しました。
  • この急落は、LBRY Inc.が米国の証券法に違反したという判決に続いたものです。
  • LBRY Inc.は自社の事業を停止すると発表しました。

LBRYクレジット(LBC)は、連邦裁判所の判決により、早朝に24%下落しました。この判決により、LBRYプロトコルを作成した企業であるLBRY, Inc.が米国の証券法に違反しているとの結論が出されました。LBRYは2021年3月にSECから登録されていない証券の提供を理由に訴えられました。

最終判決により、同社は米国証券取引委員会(SEC)に事前登録することなく、登録されていない証券の販売を永久に禁止されました。また、LBRY, Inc.は111,614ドルの罰金を30日以内に支払うこととなりました。

LBRY Inc.の解散

判決後、分散型のコンテンツ共有プロジェクトであるLBRY Inc.は、完全な解散に取り組むと発表しました。

SEC対LBRYの最終判決が出ました。

裁判所の命令と私たちの約束に従い、LBRY Inc.の完全な解散に数か月かかることを予想しています。

LBRYの今後の展開については、あなた次第です。

— LBRY 🚀 (@LBRYcom) 2023年7月11日

SECは、少なくとも初期の苦情では、プロジェクトの完全なシャットダウンを要求していませんでした。それにもかかわらず、プロジェクトが閉鎖すると発表したことに対して、規制当局は非登録証券の提供と、それらの活動からの「不正に得た」利益の返還および民事罰金を防ぐことを求めていました。

SECは、LBRYのウェブサイト上で明示的な声明があり、LBRYクレジット(LBC)トークンを「自社の運営を財務的に支援するため」にプロトコルおよびセカンダリ市場上で販売していることを引用しました。セカンダリ市場とは、暗号通貨の元発行者ではないプラットフォームでのトークンの売買を指します。これらの声明は訴訟プロセス中に行われました。

昨年のLBRYへの判決

昨年11月、ニューハンプシャー州連邦地方裁判所のポール・J・ババドロ判事は、LBRY Inc.が「SECの主張を拒否することができる合理的な事実審理を提供できない」と裁定し、LBRY Inc.が敗訴したと判決しました。

ただし、LBRY Inc.はLBCトークンのセカンダリ市場での販売が米国SECが承認を求めている差止命令に含まれるべきかに焦点を当てた控訴を起こし、勝訴しました。

昨日の判決後、同社のCEOであるジェレミー・カウフマンは、「SECも連邦裁判官自身も、私に法律が許可することやしないことを教えることはできない」とツイートし、「私がやりたかったのは、常に法律に従うことだけだった」と付け加えました。