テストネットが7.5M以上のウォレットが作成された後、Sei Mainnetがライブになりました

After more than 7.5 million wallets were created on the testnet, Sei Mainnet went live.

レイヤー1ブロックチェーンSeiの背後にある企業Sei Labsは、テストネットのフェーズを成功裏に終え、本番ネットが稼働したことを発表しました。このブロックチェーンのネイティブトークンSEIも、今日からBinance、Kraken、Huobiなどの取引所で取引が開始されました。

Seiの焦点は、ユーザーが簡単に資産を交換できるチェーンを作ることです。ブロックチェーンの背後にいるチームは、ソーシャルプラットフォーム、ゲーム、NFTなどのアセットを意味する場合でも、Seiが最もスムーズな体験を提供することを期待しています。

続きを読む: SEIトークンはBinanceでのデビューで約50億ドルの時価総額に達する可能性

“ほとんどのレイヤー1は技術的な問題を解決しようとしますが、私たちの使命はアセットの簡単な交換の問題を解決することです”、Sei Labsの共同創設者であるJeff FengはCoinDeskのインタビューで述べています。

“Seiは分散型金融(DeFi)に焦点を当てたチェーンだという誤解がありますが、私たちはむしろソーシャルプラットフォーム、ゲーム、炭素クレジットに焦点を当てています”とFengは付け加えました。彼はさらに、「DeFiアセットを取引するための他の場所はたくさんあります」と述べました。

Seiは、他のチェーンに比べて高速性を誇っています。共同創設者のJay Jogによれば、SeiはSolanaよりも10倍速く、トランザクションの確定性を250ミリ秒で達成し、プロトコルの安定性を確保するために100ミリ秒のバッファを持っています。トランザクションの確定性とは、暗号通貨の取引が完了した後に変更や取り消しのできない保証のことを指します。

プレスリリースによると、Seiには200以上のチームがビルディングを行っており、750万以上のユニークなウォレットが存在しています。また、Sushiswapの分散型永久先物取引所もこのネットワーク上で開始される予定です。

Sei Labsは、Jump Crypto、Multicoin Capital、Flow Tradersなどの投資家を含む2つの資金調達ラウンドで3000万ドルを調達しました。

Seiの共同創設者は以前、Goldman Sachs、Robinhood、Binanceで働いていました。

Stephen Alpherによる編集。