「13.5億ドルの成功した買収入札後、東芝が非上場化へ進む」

After a successful acquisition bid of $1.35 billion, Toshiba moves towards delisting.

日本の多国籍電機メーカーである東芝株式会社が、日本産業パートナーズを中心とする一連の買収グループによる成功した買収により非上場化することが決まりました。この取引は2兆円(135億ドル)であり、東芝の上場企業としての地位を逆転させるものです。

東芝は公式に発表し、日本産業パートナーズを中心とするグループが現在、同社の発行済み株式の78.65%を保有していることを明らかにしました。買収には、グループが会社の過半数以上を購入する必要がありました。入札は8月8日に開始され、グループは1株あたり4,620円(31.26ドル)を支払いました。

1875年7月に設立されたこの多国籍企業は148年の歴史を持ち、74年間上場してきました。しかし、この企業は約10年近くにわたりさまざまな問題に直面してきました。2015年、会計不正のニュースが広まりました。東芝は7年以上にわたり帳簿を改ざんし、数千億円の利益を偽造していました。その年の7月、田中久夫CEOは辞任を発表し、いくつかの上級職員と共に退任しました。

このスキャンダルが明るみに出たとき、市場価値、自己資本利益率、営業利益などを基準に企業を選定するJPX日経インデックス400は東芝を除外しました。また、東芝は大きな損失を被ったため、米国の電力プラントメーカーであるウェスティングハウスを売却しなければならず、6000億円の外国資本を調達することを余儀なくされました。

東芝、非上場化により問題解決を期待

残念ながら、東芝はさらなる問題に直面しました。外国の有権者行動に影響を与えるために政府関係者と共謀したとの報道があり、会社のイメージに深刻な傷がつきました。これらの問題が東芝を取り巻くほど多くの論争が巻き起こり、同社は苦境に立たされることとなりました。同社は、メモリチップ、医療機器、原子力建設などの事業を売却するなどして経営を維持することさえ余儀なくされました。

東芝の売上高は2022会計年度に3.4兆円にまで落ち込みました。これは2007年4月から始まる会計年度の7.6兆円から55%以上も減少しています。

東芝の役員たちは、非上場化により将来を適切に計画し、ビジネスの戦略を立てることができると考えています。報道によると、東芝は当初、4,620円の買収価格に失望していました。しかし、後に東芝の取締役会は株主にオファーに参加するよう奨励しました。東芝のCEOである島田太郎は、声明で株主に感謝し、「新しい未来」を約束しました。彼は次のように述べています:

「多くの株主の皆様が、当社の立場を理解してくださり、心から感謝申し上げます。今後、当社の株式の非上場化に向けた一連の手続きを実施します。東芝グループは新しい株主とともに、新たな未来に向けて大きな一歩を踏み出すでしょう。」

東芝の非上場化が同社の問題を解決するかどうかは現時点では不明です。先月発表された声明では、日本産業パートナーズを中心とするグループが、取引後に成長戦略を迅速に実施する計画を発表しました。また、グループは「安定した経営体制の確立」を約束しています。さらに、東芝の各事業をより良く理解し、従業員や役員にとってより満足のいく職場にする計画もあります。