10年かかりました:ビットコインのアイコンであるロス・ウルブリッチはまだ刑務所にいて、まだ正義を求めています

After 10 years, Ross Ulbricht, the icon of Bitcoin, is still in prison, still seeking justice.

人々が自由に取引することを可能にした罪状で、人気のオンラインマーケットプレイス「シルクロード」の裏にいたロス・ウルブリヒトは、公式に終身刑を言い渡されてから10年が経ちました。その間、彼の事件はインターネットの自由、麻薬政策、刑事司法制度に関する議論の火種となり、ビットコインや仮想通貨コミュニティに長い影響を与えています。

年月が経つにつれ、ウルブリヒトはまだ刑務所に留まり、不公平な判決に対して正義を求め続けています。

2014年、ウルブリヒトはシルクロードを運営しているとして逮捕され、ビットコインを主要な通貨として使用し、薬物を含む様々な商品の購入と販売をユーザーに可能にする秘密のオンラインマーケットプレイスを運営していると告発されました。彼の逮捕はビットコインの歴史における転換点であり、検閲耐性の可能性と不正行為との関連を浮き彫りにしました。

批評家は、ウルブリヒトの判決が彼の犯罪に比して過剰であると主張し、彼の犯罪の非暴力性を考慮すべきだと述べています。彼らは、捜査に関与した腐敗した捜査官の告発を含む不正規な点が彼の裁判を傷つけていると主張しています。これらの要因が彼の釈放を求める熱烈なキャンペーンを助長し、支持者は恩赦と彼の事件の再検討を求めています。

ウルブリヒト自身も彼の収監中に黙っていませんでした。彼は刑務所から記事を執筆し、彼の視点や刑務所での経験から得た教訓について明らかにしています。これらの文章では、ビットコインの役割を自由と政府の過剰介入に対する抵抗の象徴として強調しています。

彼はまた、ビットコイン市場の早期の採用者およびイノベーターとしての独自の個人的な経験に触れています。

「ビットコインの早期の採用者たちは、私たちが今知っていることを知る方法はありませんでした。彼らが持っていたのは、夢と確信と十分な感染力のある熱意だけであり、それがデジタルな仕掛けを数十億ドルの現象にまで引き上げる原動力となったのです」と彼は昨年書きました。

ウルブリヒトは自分の行動とそれがもたらした否定的な結果に対して深い後悔を表明していますが、彼はまた、彼の刑が政府が彼を例にするために望んだものであり、ビットコインの潜在能力を抑えるためのものであると主張しています。

仮想通貨コミュニティは、ウルブリヒトを支持し、彼の事件の公正な再審査と刑の見直しを主張しています。彼らは、彼の収監がインターネットの自由、プライバシー、ビットコインの責任ある使用に関する継続的な闘いを鮮明に示していると主張しています。

最近では、これには民主党の大統領候補ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏や共和党の有望な候補者ヴィヴェク・ラマスワミ氏など、ビットコインに賛同的な米国の大統領候補へのアウトリーチも含まれています。

ビットコインやデジタル資産が主流の受け入れを得る中で、ロス・ウルブリヒトの事件は技術、規制、個人の権利との複雑な関係の象徴となり続けています。