「ビットコイン現物ETFは、NYDIGの暗号トレーダーによると、新たな30億ドルの需要をもたらす可能性がある」と報じられています

According to NYDIG's crypto trader, Bitcoin physical ETF may bring potential new demand of $3 billion.

仮想通貨取引会社であるNYDIGの最新の調査レポートによると、ビットコイン(BTC)スポットベースの上場投資信託(ETF)は、世界最大のデジタル資産に対して300億ドルの新たな需要をもたらす可能性があります。

最近、BlackRock(BLK)、Fidelityなどが提出した申請により、仮想通貨市場はスポットETFのフィーバーに取りつかれています。

「ブラックロックとiSharesフランチャイズの認知度、証券ブローカーを通じた購入・売却方法への習熟度、ポジション報告、リスク測定、税金報告の簡素化により、既存の代替品と比較して、スポットETFはいくつかの注目すべき利点をもたらす可能性があります」とNYDIGはレポートで述べています。

すでに、NYDIGはビットコイン資産管理の中に288億ドルの資産と276億ドルのスポットに似た商品があることをモデル化しています。

(NYDIG)

ビットコインはしばしばデジタルゴールドと呼ばれるため、2000年代初頭に上場されたゴールドETFとの比較が避けられません。NYDIGは、現在、金ETFは世界の総供給量のわずか1.6%しか保有していない一方、中央銀行は17.1%、一方でビットコインファンドは総ビットコイン供給量の4.9%を保有していることを指摘しています。

資金の需要にはデジタル版とアナログ版のアセットの間に巨大な隔たりがあります。金ファンドには2,100億ドル以上が投資されており、一方ビットコインファンドにはわずか288億ドルしかありません。

「ビットコインは金よりも約3.6倍ボラティリティが高く、ボラティリティに基づいたリスクエクスポージャーとして、金ドルベースの3.6倍少ないビットコインが必要とされる。それでも、ビットコインETFには約300億ドルの需要が生じる」とNYDIGは述べています。

ニュースレターのEcoinometricsは、ビットコインETFについてより慎重な見解を示しています。

Ecoinometricsによれば、GLD ETFは市場に大きな空白を埋め、物理的な金の価格を追跡する簡単に取引可能な商品を提供しています。

しかし、ゴールドETFとビットコインETFを比較することは潜在的に誤解を招く可能性があります。なぜなら、その時期にゴールドが大幅に上昇したのは、好都合なマクロ環境とドルの弱体化によるものでした。テロとの戦争、中国の台頭、膨張する米国の赤字の始まりを思い出してください。

彼らは書いています。「GLD ETFは確かに金市場に良い流入をもたらしたかもしれませんが、その期間中にはマクロが本当に主導権を握っていました。スポットビットコインETFは、ビットコインにさらなる関心を喚起し、この空間に新たな資金を確実に引き寄せることになるでしょう。しかし、それだけでビットコインを100,000ドルにするわけではありません。」

ビットコインETFの真の潜在力は、ETFの開始、弱い米ドル、連邦準備制度の量的緩和への転換、およびより多くの若い個人が暗号通貨に投資する可能性が高い世代間の財産移転の収束にあると彼らは述べています。

そして、今は承認を待つだけです。

Omkar GodboleとParikshit Mishraによる編集。