「2023年において、9月は暗号通貨の攻撃が最も多い月になる:CertiK」

According to CertiK, September will be the month with the highest number of cryptocurrency attacks in 2023.

2023年9月は、暗号通貨関連の攻撃で最も悪い月となりました。これまでに329.8百万ドルもの暗号通貨が盗まれています。

10月2日、ブロックチェーンセキュリティ企業CertiKは、9月23日のMixin Networkによる攻撃が月間合計の最大の要因であると述べ、香港に拠点を置く分散型クロスチェーン転送プロトコルがクラウドサービスプロバイダーの侵害により2億ドルを失ったことを明らかにしました。

#CertiKStatsAlert 9月のすべての事件を組み合わせると、約3億32百万ドルが攻撃、ハッキング、詐欺によって失われました。出口詐欺は約190万ドル、フラッシュローンは約40万ドル、攻撃は約3億29百万ドルです。詳細は以下の画像をご覧ください。pic.twitter.com/DMFN9LWU8V

— CertiK Alert (@CertiKAlert) September 30, 2023

その他の主な事件として、CoinEx取引所とStake.comへの攻撃があり、それぞれ5300万ドルと4100万ドルの損失が生じました。

Cointelegraphによると、北朝鮮のハッキング集団であるラザルスグループが両方の攻撃の黒幕であるとされています。Dune Analyticsの最新のデータによれば、グループは現在4560万ドルの暗号通貨を保有しています。

この攻撃により、2023年の失われた暗号通貨の合計は925.4百万ドルとなりました。7月は、285.8百万ドルが盗まれた2番目に多い月でした。

一方、CertiKによれば、この月は出口詐欺で190万ドル、フラッシュローン攻撃で40万ドル、フィッシング攻撃でさらに2500万ドルが失われました。

2023年における攻撃、詐欺、ハッキングによる合計損失は、現在13億4千万ドルに達しています。

関連記事: 北朝鮮のラザルスグループが4000万ドル以上のビットコインを蓄積していることが明らかに

ブロックチェーンセキュリティ企業Beosinによれば、2023年第3四半期のハッキング、フィッシング詐欺、出口詐欺による総損失は、890百万ドル未満でした。

先週報告されたところによれば、Q3の損失は、Q1の330百万ドルとQ2の333百万ドルの合計を上回りました。

雑誌: ポップコーン缶の中の34億ドルのビットコイン:シルクロードのハッカーの物語