ビットゲットのレポートによると、仮想通貨のコピートレーダーのほぼ半数がジェネレーションZです

According to a report by Bitget, nearly half of the copy traders in the cryptocurrency market are from Generation Z.

仮想通貨取引所Bitgetのレポートによると、Z世代の仮想通貨投資家は、他の人の取引をミラーリングする投資方法であるコピートレーディングまたはソーシャルトレーディングにより参加する可能性が高いということが明らかになりました。

Bitgetの8月3日のコピートレーディングに関するレポートによると、全てのコピートレーダーのうち、44%が25歳以下でした。これに続いて25歳から35歳の年齢層がおよそ3分の1のコピートレーダーを占めました。

年配の世代、35歳から55歳の年齢層はコピートレーダーの17%を占め、55歳以上の人々は合計の7%に過ぎませんでした。

Bitgetのコピートレードユーザーの数字は、Gen Zとミレニアルが大部分を占めています。出典: Bitget

コピートレーディングまたはソーシャルトレーディングは、従来の株式や仮想通貨の取引所でも提供されています。仮想通貨の取引所では、eToro、Bybit、MEXCなどが現在提供しています。

ユーザーは、選んだ個人が開設し管理するポジションを基本的にコピーする自動ツールを選ぶことができます。

Bitgetは、Gen Zが投資の意思決定においてソーシャルメディアのインフルエンサーに頼る傾向があり、それが彼らのコピートレーディングへの親和性を説明している可能性があると示唆しています。

フォーブスアドバイザーの1月の調査によると、約80%のGen Zとミレニアルがソーシャルメディアから財務アドバイスを受けています。そのうちの半数がアドバイスから利益を得たとし、YouTube、Reddit、TikTokが最も信頼されるプラットフォームでした。

CFA InstituteとFinancial Industry Regulatory Authority (FINRA) Foundationの5月のレポートによると、仮想通貨はGen Zにとって最も人気のある投資となっていました。

米国のGen Z投資家のうち44%が仮想通貨投資から始めており、ミレニアルの場合は35%でした。英国では43%、カナダでは35%のGen Z投資家が仮想通貨を最初の投資としていると答えました。

関連記事: 仮想通貨トレーダーが検討するビットコインの絶滅シナリオ

Bitgetのレポートによると、コピートレーディングのユーザーのほとんどは、3分の1近くが西ヨーロッパ出身ですが、その次に大きな地域セグメントは東アジアや東南アジアでした。

Bitgetの地域別コピートレーダーのデータによると、ラテンアメリカ人は4番目に大きなグループでした。出典: Bitget

Bitgetのグローバルコピートレーダーの中で1%を占めるに過ぎないアフリカのユーザーの62%がコピートレーディングに興味を持っていました。これは、どの地域よりも高い比率です。

NFTコレクター: オンチェーンの音楽が最新ラウンドで話題に、アーティストデュオHackataoが自分たちのレーンを見つける