Aaveの分散型ソーシャルメディアプラットフォームであるLens Protocolが、新しいガバナンスモデルをリリースしました

主要ポイント

  • Lens Protocolは、コミュニティメンバーが将来の開発に関する意思決定プロセスに参加できるオープンガバナンスモデルを採用しています。
  • 3つのライブ提案のうち2つは、アルゴリズムとメタデータのオープンスタンダードに関するものです。

DeFiレンディングの巨人であるAaveから発展した分散型ソーシャルメディアプラットフォームであるLens Protocolは、コミュニティメンバーがプロトコルの改善提案を行うことができる新しいオープンガバナンスモデルを、木曜日に発表しました。

EthereumやAaveの改善提案モデルから着想を得たLens Improvement Proposals(LIPs)は、開発者、クリエイター、ユーザーがLenの将来の開発の意思決定プロセスに参加するためのフレームワークを作成する試みです。

アナウンスによると、現在3つのライブ提案があります。最初の提案はオープンガバナンスモデルを確立し、2番目と3番目の提案はオープンスタンダードに関するものです。2番目の提案では、「サードパーティのアルゴリズムや機械学習(ML)サービスがLens Protocolに統合されることを奨励する」とされ、3番目の提案では、「メタデータがLens内でどのように分類、整理、ラベル付けされるか」が定義されています。

LIPsによるオープンガバナンスの採用は、先週、IDEO CoLab ventures、Palm Tree、Uniswap CEO Hayden Adams、OpenSea共同創設者Alex Atallah、起業家Balaji Srinivasan、Polygon共同創設者Sandeep Nailwalなどの著名な投資家グループから1500万ドルを調達した1週間後に行われました。

Aaveの創設者であるStani KulechovとAaveのシニアエンジニアであるJosh Stevensが貢献したLIPsのGitHubページによると、「LIPsは、コミュニティ内のすべての潜在的なユースケース、改善、アイデアに対してLens Protocolが柔軟で統一的であることを保証するための基盤を提供します。」

Oliver Knightによる編集。