「Curveの強制清算危機回避後、Aaveトークン保有者が2つの提案について投票」

Aave token holders vote on two proposals after Curve's forced liquidation crisis.

Aaveトークン保有者は、レンディングプロトコル上でCurveの創設者であるMichael Egorovの大量の借り入れポジションによって引き起こされるシステム的な清算リスクに対応して、2つのガバナンス提案の投票を本日開始しました。

オンチェーンのリスク管理プラットフォームであるChaos Labsが提案した2つの提案は、EthereumとPolygon V3でのCRV(安定コイン交換プラットフォームCurveのネイティブガバナンストークン)の借り入れを無効化し、さらにCRVの清算基準を引き下げることを目指しています。

Aaveのガバナンス投票は、いずれも8月12日に終了し、EgorovのAave上の借り入れポジションによる回避された清算脅威に対する直接的な対応です。Egorovは、CRVの総時価総額の34%を預け入れ、6300万ドル以上を借り入れました。

詳細はこちら:CurveがDeFi死のスパイラルを回避する一方、騒動は深刻なリスクを露呈

最近のCurveの攻撃により、CRVの価格が急落し、Egorovの資産は清算圧力を受けました。EgorovはCRVをいくつかのOTC取引で売却し、債務の一部を返済するために4200万ドル以上を調達したことで、現在はより良い財務状況にありますが、潜在的な清算はAaveのトークン保有者がCRVの借入を無効化し、CRVの清算基準を引き下げるかどうかについて投票を開始する動機となりました。

Chaos LabsのCEOであるOmer Goldbergは、ガバナンス投票での提案の1つの動機は「Aaveプロトコルを介したCRVのショートの能力を無効化すること」であり、これにより暗号通貨ユーザーがCRVを借りてダンプし、価格にさらなる影響を与えることを防ぐと述べました。

AAVEの現在の取引価格は67.78ドルであり、CRVの価格は61セントです(CoinDeskの市場データによる)。

Goldbergは、取材時にコメントに応じませんでした。

編集:Nelson Wang