ワシントンに新たな仮想通貨ロビイストグループが現れ、セクター内の誤解を払拭しようとする

A new cryptocurrency lobbyist group has emerged in Washington, aiming to dispel misunderstandings within the sector.

出典:Pixabay

仮想通貨のマイナーは、市民や政策立案者の間での活動に関する懸念を払拭するために、専門のマイニングロビイストグループを設立しています。

このグループ、Digital Energy Councilは8月15日に発表され、セクターの成長を促進するための重要な政策を進めながら、ワシントンの政策立案者との議論を開始します。

このチームは、マイナーの支援と同時に、国内のエネルギー法を保護することにコミットメントを強調しており、コミュニティの大規模な協力努力として称賛されています。

声明には、「責任ある持続可能なエネルギー開発、電力の耐久性、米国の競争力の維持、および国家安全保障を推進する」と記されています。

世界的に規制当局との問題を抱えているマイナーですが、グループの創設者であり社長のトーマス・メイプス氏は、今のところアメリカに拠点を置き、将来的に海外での拡大も考えていると述べました。

彼はさらに、この動きが「長い間遅れていた」と述べ、近年のセクターに対する反業界法案のイメージを変えるためのものであると述べました。

メイプス氏は、デジタルコマース協会のエネルギーディレクターおよび米国エネルギー省国際事務局の首席補佐官を務めた経験があり、仮想資産マイニング企業をエネルギー業界の一部と見なし、その有益性を指摘し、「未来のエネルギー企業」と表現しています。

「私は、エネルギー会社、ユーティリティ企業、電力供給業者、大手企業などが、この新しい技術を見て、関与する方法を見つけようとしているのを見ています。」

ネガティブな法律の波

今年、仮想通貨マイナーが直面した大きな障害の1つは、バイデン政権による提案された30%のデジタル資産マイニング税です。これは仮想通貨の環境レポートに基づいています。

ホワイトハウスの声明の前に、いくつかの気候変動活動家や政治家がデジタル資産マイニングについて強い声明を出し、マイナーを利己的であり、ほぼアルゼンチンと同じくらいのエネルギーを消費して環境に悪影響を及ぼす存在と非難しました。

3月には、上院環境公共事業委員会の議員がマイナーを「自分たちの利益のためにメガワット単位で公共の電力グリッドからエネルギーを吸い取っている」と非難し、法律の導入を発表しました。

アメリカ国外では、中国のマイニング禁止がセクターの成長を鈍化させ、市場にベアマーケットの見通しを与えたことが、主要なマイニング企業に対するデジタル資産に関するポジティブな法律の必要性を示すきっかけとなりました。

政府は気候クオータを逃したことを理由に挙げていますが、業界の幹部は、ビデオゲーム業界など他のセクタも同様のエネルギーを消費しているにもかかわらず、制裁を受けていないと主張しています。

新しい仮想通貨マイニングロビイストグループのメンバーには、主要なデジタル資産企業やマイニング企業が含まれており、その中には株式上場企業もあります。