7月のハードフォークでBNBチェーンユーザーには改善されたセキュリティ対策が待っています

7月のハードフォークでBNBチェーンユーザーにはセキュリティ対策が待っています

出典:Pexels / Nikita Khandelwal

バイナンスのブロックチェーンエコシステムであるBNBビーコンチェーンは、ユーザーのためのセキュリティ機能を強化するため、予定されたハードフォークアップグレードを2021年7月19日の6時UTCに実施する予定です。

7月12日の公式アナウンスによれば、ハードフォークの名前は中国の科学者にちなんで「ZhangHeng」と名付けられ、ブロックの高さ328,088,888で発生します。ハードフォークとは、以前に無効だったブロック/トランザクションを有効にしたり、その逆を行うソフトウェアプロトコルの変更です。

このアップグレードは主にセキュリティの向上に焦点を当てていますが、ほとんどのユーザーには直接的な影響はありません。

「BNBをサポートしている取引所を使用している場合、取引所やウォレットサービスから通知がない限り、特に何もする必要はありません。」

ただし、メインネット上のフルノードオペレーターは、ハードフォークのブロック高さに到達する前にソフトウェアバージョンをv0.10.16にアップグレードする必要があります。「時間内にソフトウェアをアップグレードしない場合、あなたのノードはアップグレードされたBNBビーコンチェーンのピア/バリデーターノードと同期しません。接続やトランザクションの送信ができなくなります。」と追加されています。

さらに、新しいBNBトークンの発行は行われず、ハードフォーク中にはBNBチェーンのバリデーターの2/3がノードをアップグレードする必要があります。これにより、スムーズな遷移が実現されます。

セキュリティと機能の強化

このアップグレードでは、2つの主要なセキュリティ変更が発表されています。開発者は、アップグレードによってBEP-255が導入され、BNBビーコンチェーン上でオンチェーンの資産調整が行われ、セキュリティが向上すると述べています。

BEP-255では、各ブロックでユーザーの残高変動を追跡し、問題を特定するための調整を行います。「調整エラーがある場合、ブロックチェーンは『パニック』し、新しいブロックの生成を停止します。」とアップデートに記載されています。

もう1つのセキュリティ強化には、ネットワークのファストファイナリティメカニズムの正確性を危険にさらす可能性がある「Rogue Key Attack」と呼ばれる脆弱性を修正するバグフィックスが含まれます。

バグを修正するために、ハードフォークの高さに到達した際には、すべての既存の投票アドレスが削除され、バリデーターが再度投票アドレスを追加する必要があります。

「BEP171などのクロスチェーンセキュリティの向上が行われていますが、ブリッジの悪用後にBNBビーコンチェーン上の資産のセキュリティも確保されるべきです。」と開発者はGitHubの投稿で述べています。