5年ぶりに現れたイーサリアムのベアシグナルが、ETHの価格を脅かす

5年ぶりのイーサリアムのベアシグナルがETHの価格を脅かす

Ethereumは、市場の複数の価格暴落にも関わらず、比較的高い水準を維持してきた仮想通貨の1つです。しかし、恐れられるベアシグナルが再び現れ、資産価格を脅かす可能性があるため、過去と同じように保持することはできないようです。

1,000枚以上のコインを保有するEthereumのアドレスが減少

過去数年間、Ethereumの大口所有者は熱心に自分のコインを保持してきました。1,000枚以上のコインを保有するウォレットの数は、2018年の最低水準を上回る状態が続いていました。しかし、信念が低下したことでこの支持は崩れました。

Glassnodeによると、ETHのアドレスのうち1,000枚以上のコインを保持しているアドレスの数は、ついに6,082に減少しました。この数字がこのような低水準になったのは2018年の熊市の時でした。

1,000枚以上のコインを保持するアドレス数が5年ぶりの低水準に | 出典: Glassnode

つまり、この数字は過去5年間、この水準を保っていましたが、今回は例外です。この減少の重要性は、この数字がこのように低水準になった時の出来事に明らかです。2018年に記録されたベアトレンドにより、Ethereumの価格も下落するとの期待が高まっています。

前回の出来事とは?

2018年にこのEthereumのメトリックがこのレベルに達した時、価格は大きく下落しました。その年、価格は最高で$1,367から最低で$80まで12ヶ月の間に急落しました。この後に続いた低い信念は、次の年にも続き、ETHに対する長いベアウィンターを引き起こしました。

Ethereumは既に1,600ドル水準での保持が弱まっており、大量売却によって脅かされています。ここ数日で、大量のETHを中央集権型取引所に移動する連続した大量取引が行われています。

これらの取引の中で最も最近のものには、22,343 ETH(時価で36.2百万ドル)がCoinbaseに移動されました。2時間後、Whale Alertは別の大量取引を検知し、16,500 ETH(時価で26.77百万ドル)がOKEx暗号通貨取引所に送られました。

投資家がトークンを中央集権型取引所に移動する主な理由の1つは、その深い流動性を利用してトークンを売却することです。したがって、これらの大口保有者がこれらのコインを売却する可能性があるため、ETHに対して大量の売り圧力が生じる可能性があります。その場合、ETHの価格が1,600ドルのサポートラインを下回ることになるかもしれません。

ETHのバルスが1,600ドルのサポートラインを維持するのに苦戦 | 出典: Tradingview.comのETHUSD