「暗号通貨の納税逃れに対抗するための国際取引、48カ国が参加し2027年に開始」

「2027年、48カ国が参加し国際取引で暗号通貨の納税逃れに対抗」

48カ国もの国が、2027年からの税金透明性基準に合意し、暗号通貨取引所での税金逃れ対策のため、管轄地域間で情報の自動交換を行うことを提案しています。これは、英国シンガポール、そしてルクセンブルクが共同声明と個別の発表で明らかにしました。

この合意により、経済協力開発機構(OECD)の暗号資産報告基準(CARF)が2027年に適用され、組織の共通報告基準(CRS)に追加されました。CRSは、税務当局間での金融口座に関する情報の自動交換のための情報基準です。

「CARFに関する最終合意は、2023年3月に達成されました。これは2年間の交渉の結果です」と英国の発表によると、「英国がオフショアでの暗号通貨の税金逃れに対抗する世界初の取り組みをリードしています。これにより、現在行われていない税務当局への課税情報の共有が、暗号通貨プラットフォームに求められることとなり、これらの当局が課税コンプライアンスを適用するための情報交換を実現します。」

2027年の実施期限は、共通報告基準の改正にも適用され、「CARFを国内法に迅速に取り入れ、2027年までに取引が開始できるようにするために、国内の立法手続きに基づいて交換契約を活性化させることを目指しています。」

トルコ、インド、中国、ロシア、およびアフリカ全体の国々など、暗号通貨に関心のあるいくつかの国々は、この声明に署名していません。

「我々は他の管轄地域に加わることを招待し、税金逃れに隠れる場所を残さないグローバルな自動情報交換システムを強化することを目指しています」と共同声明は述べています。

詳細はこちら: OECD、暗号資産のための新たなグローバル税金報告フレームワークを発表

編集:シェルドン・リバック。