3ACの共同創業者がOPNX取引所にFTXをオンボードし、Celsiusの破産請求を行います

3ACの共同創業者がFTXをオンボードし、Celsiusの破産請求を行います

OPNXは、倒産した仮想通貨企業に対する破産債権の取引に特化した取引所で、FTXとCelsiusの債権を上場しました。

7月14日の発表によると、特にFTXの債権は即座にオンボードされ、OPNXのネイティブな再生トークンであるOX(再OX)トークンまたはoUSD(クレジット通貨)の形で担保に変換することができます。ユーザーはその後、reOXを担保として使用して仮想通貨先物を取引することができます。債権は、Heimdallとの提携によってトークン化され、オンボーディングとユーザーの認証も同社が担当します。開発者は次のように述べています:

「債権は、市場価格の100%ボーナスで初めに再OXトークンに変換され、50週間の期間で0%ボーナスに収束します。つまり、Week 1では、ユーザーはFTXの債権に対して市場価格の2倍を受け取ります。」

OPNXによるイラスト付きの例では、債権価格が1ドルに対して30セントの場合、100万ドルのFTX債権は等価の再OX債権額として60万ドルを受け取ります。「ユーザーの債権が優先されると判断された場合、発行された再OXトークンの同等の金額がユーザーから回収されます」と取引所は述べています。債権は、別々の信託に移転および保管されます。

OPNXは、今年初めにシンガポールの破産したヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)の共同設立者であるKyle DaviesとZhu Suによって設立されました。運営初日にはわずか13.64ドルの取引高しかありませんでしたが、6月末までに、日次の取引高は3000万ドルを超えました。

5月にCointelegraphが報じたところによると、アメリカの国内歳入庁(IRS)はFTXの破産債権から440億ドルの未払い税金を求めています。同様に、アメリカの連邦取引委員会(FTC)は7月13日にCelsiusに対して47億ドルの罰金を執行猶予判決で課しました。

この記事をNFTとして収集し、歴史の一瞬を保存し、仮想通貨スペースでの独立したジャーナリズムを支援しましょう。

雑誌:3ACが一大旋風を巻き起こし、Bitcoinマイナーが360%急増、ブルース・リーNFTが急落