「来週、仮想通貨市場を動かす経済イベント3つ」

3 economic events that will impact the cryptocurrency market next week.

  • 今週は主要な米国の経済データが発表されます
  • 米ドルのボラティリティの増加は、仮想通貨市場にも影響を与える可能性があります
  • 注目イベントはNFPレポートです

7月の最後の週がやってきました。仮想通貨トレーダーは、米ドルの動向を考慮する必要があるかもしれません。なぜなら、過去数週間にわたるBitcoinの30,000ドル前後での推移は、市場にほとんど活気をもたらしていないからです。

したがって、来週に米ドルのボラティリティが上昇すれば、Bitcoinのボラティリティも上昇する可能性があります。結果として、Bitcoinのボラティリティが上昇すれば、仮想通貨市場全体がより活発になります。

次週には、米ドルを動かす可能性のある3つのイベントがあります。

  • ISM製造業およびサービス業PMI
  • ADP雇用変動
  • 非農業雇用統計

ISM製造業およびサービス業PMI

PMIデータは毎月計算され、50の水準との関連で解釈されます。50より大きい値は拡大するセクターを示し、50より小さい値は縮小するセクターを示します。

アメリカはサービスベースの経済なので、サービスセクターが米ドルにとって重要です。しかし、今週は製造業のデータに焦点が当てられます。予想では50を下回る結果が出る見込みです。ポジティブなサプライズがあれば、米ドルが上昇するでしょう。

ADP雇用変動

7月のADP雇用変動、つまり民間の雇用統計が水曜日に発表されます。市場参加者は重要な非農業雇用統計の報告が2日後に控えているため、民間の雇用統計に注目しています。

今週、市場では7月に195,000人の新しい雇用が追加されたと予想されています。詳細は重要です。なぜなら、ADPとNFPの数値はしばしば同じことを反映するからです。

非農業雇用統計

来週の金曜日は新しい月の最初の金曜日であり、7月のNFPレポートが発表されます。市場では、7月にアメリカ経済が20万人の新しい雇用を追加し、失業率が3.6%で安定すると予想されています。