コインベースCEOは、2024年の選挙が暗号通貨規制に重要な役割を果たす可能性があると述べています

キーポイント

  • Brian Armstrong氏は、来年の大統領選挙が暗号通貨業界の規制にとって重要になると信じています。

  • 彼は、暗号通貨業界には明確な規制ガイドラインが必要だと指摘しました。

2024年の大統領選挙が暗号通貨市場にとって重要になる

CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏は、来年のアメリカの選挙が暗号通貨業界にとって重要になると考えています。

Armstrong氏は、木曜日にニューヨークで行われたカンファレンスでこの声明を発表しました。彼は、次の選挙が業界にとってより明確な規制ガイドラインを提供する可能性があることを指摘しました。彼は次のように述べています。

「正直に言って、2024年の選挙もここで重要な要素になります。現在は反暗号通貨であることは政治的に不人気ですが、行政、政党、またはSEC議長が変わるかもしれません。」

CoinbaseのCEOは、Coinbaseと競合取引所のBinanceに対する現在進行中の訴訟についても話しました。彼は次のように述べています。

「他の取り締まり措置が下されたのを見てきたように、私たちはSECと民事事件で協力しており、これはコモディティと証券の違いに関する技術的な問題です。裁判所はそこで明確さを提供することができます。もう一つの問題は異なります。犯罪問題があります。[違法な]取引、資金の混合、個人的に名前が挙がっている経営陣やCEOなどの主張があります。それらのいずれもCoinbaseでは実際の問題ではありません。」

CoinbaseとBinanceはまだ規制圧力下にあります

世界で最も大きな2つの暗号通貨取引所であるCoinbaseとBinanceは、現在アメリカで規制圧力下にあります。

今月早々、米国SECは、Binanceが高額な米国の顧客にサービスを提供しているとして、米国の証券法に違反しているとして、Binanceに対して訴訟を提起しました。

規制当局は、その後、Coinbaseに対して、暗号通貨取引所がブローカー、全国証券取引所、クリアリング機関として登録したことがないと主張する別の訴訟を起こしました。

CoinbaseとSECは、暗号通貨業界に新しい規則を提供するように強制するために今年初めに暗号通貨取引所が規制当局を訴えた後、長期にわたって争っています。