2023年には、Ethereumのスケーリングプロトコルがゼロ知識証明の使用を推進します

2023年、Ethereumはゼロ知識証明の使用を推進します

イーサリアムのスケーリングプロトコルは、ゼロ知識ロールアップ(ZKロールアップ)の使用を主導しており、ZKValidatorによるセクターレポートでは、主要なローンチ、新しい研究、健全な競争が注目されています。

このノードインフラストラクチャオペレータの「ZK Q2の現状」レポートは、ZKエコシステム全体での重要な出来事について振り返り、他の市場セグメントと比較して技術のスケーリングにおける使用を強調するZKパワードレイヤー2の注目すべきローンチに焦点を当てています。

ZKプルーフは、特定の情報が正しいことを示すために、暗号技術を使用して一方の当事者が他方の当事者に証明することを可能にします。これらは、デジタル環境における信頼性とプライバシーの解決策であり、レイヤー1のブロックチェーンプロトコルのスケーリングにおいて重要な役割を果たしてきました。

「ゼロナレッジポッドキャスト」の18,000人のフォロワーを対象に行われた投票は、ZKプルーフの最も重要な応用分野に関するコミュニティの意見を示しています。回答者のうち42%が「スケーリングのためのZK」を最も成長が見込まれるセグメントと選びました。

ZK use cases. Source: State of ZK Report Q2 2023.

プライバシーとアイデンティティに関するZKはそれぞれ23.8%、22.2%で続き、ゼロナレッジマシンラーニングは最も選択されなかったセグメントでした。

この投票は、ZKプルーフの現実世界での応用を反映しており、2023年上半期にはいくつかの主要なイーサリアムのスケーリングプロトコルがメインネットで展開されました。

これには、Polygonが近日中に公開予定の「2.0」マルチチェーンシステムの発表が含まれており、このシステムではネットワーク間でアセットを転送するためにZKプルーフを使用します。また、zkSync EraのZKスタックでは、開発者がZKロールアップや独自のレイヤー3「ハイパーチェーン」を構築することができます。

ConsenSysもまた、7月11日にメインネットのLineaネットワークへのパートナーのオンボーディングを開始しました。Lineaは、イーサリアムのために分散アプリケーションを構築または移行することができるもう一つの重要なレイヤー2です。

関連記事:ZKプルーフはBitcoinのOrdinalとBRC-20の問題の解決策ですか?

このセクターは、zkベースのレイヤー2やzkEthereum Virtual Machines(zkEVM)、オフチェーン計算用のZKプルーフなど、さまざまなセグメントで投資を集めています。

zk技術の先駆者であるEthereumのスケーリング企業であるStarkWareやEthereumの共同創設者であるVitalik Buterinは、StarkWareの技術を採用したzkEVMであるKakarotに投資を行い、レイヤー3アプリケーションの構築を目指しています。

報告書はまた、zkパワードのデジタルアイデンティティアプリケーションとエコシステムの開発を続けるために、Worldcoinが1億1500万ドルを調達したことを強調しています。また、スイスの非営利団体であるAnoma Foundationも報告書に登場し、分散アプリケーションのための第3世代ブロックチェーンアーキテクチャの開発を続けるために2,500万ドルを調達しました。

この記事をNFTとして収集して、歴史的な瞬間を保存し、暗号空間での独立ジャーナリズムをサポートしましょう。

マガジン:イーサリアムのZKロールアップが相互運用性を持つ方法