「2022年度において、スペインの仮想通貨トレーダーの70%以上が損失を申告したとの報告書」

2022年度、スペインの仮想通貨トレーダーの70%以上が損失を申告した報告書

出典:irontrybex/Adobe

新しい報告書によると、スペインの仮想通貨トレーダーの70%以上が2022年の財務年度に損失を申告していることが分かりました。

メディアのEuropa Pressによれば、この主張は仮想通貨保有者の税務申告を専門とする会計事務所であるTaxCriptoが行ったものです。

申告された損失は、仮想通貨デリバティブや先物に投資している人々の場合、大幅に高かったです。このグループの91%が損失を申告しました。

スペインでは、仮想通貨の税務申告が義務付けられていますが、過去に税務機関が税制計画の実施に苦労していました。

税務機関は以前、疑わしい仮想通貨トレーダーに対して、仮想通貨の収益を申告するか、重い罰金を受けるという書面警告を送付しています。

TaxCriptoは、独自の顧客データを使用して研究を行ったと述べ、2022年に仮想通貨価格が「急落したことで多くの仮想通貨投資家が」2022年の収益損失を申告したと述べました。

しかし、これは税務申告システムの特異性を示している可能性もあります。損失を申告する人々は、保有資産に対して税金を支払う必要がないかもしれません。

そのため、同社は「多くの投資家が税金を減らす目的で年末までに損失を実現することを選んだ」と述べています。

スペインの仮想通貨トレーダーの税務申告:何を学べるのか?

TaxCriptoの調査では、税務申告書に記載された仮想通貨取引のうち、驚くべき85%がBinance取引所で行われたことも分かりました。

これに対して、Coinbaseではわずか10%、スペインのBit2MEプラットフォームでは2%未満の取引が行われました。

さらに、ビットコイン(BTC)の支持者は、取引のわずか10%がBTCを使用して行われたことに驚くかもしれません。

第一位はBinance Coin(BNB)で、総申告取引の18%を占め、次いでUSDTが11%です。

取引のタイプによると、スペインで最も人気のある(申告された)取引はステーキング(46%)で、それに続いて暗号通貨間取引(39%)がありました。

CaixaBankによって編集された、スペインの2019年、2020年、2021年の財務年度の税収

スペインでは、一般の人々の間での仮想通貨への関心が昨年調査で76%に上昇したことから、仮想通貨の普及が進んでいるようです。