「1inchネットワークの価格予測、1INCHが15%下落 – クジラが売却中?」

1inchネットワークの価格予測、1INCHが15%下落

1INCHチャート / 出典: Adobe

1INCHは、1inch Networkと呼ばれる分散型取引所(DEX)の流動性集約プロトコルを支える暗号通貨のティッカーであり、CoinGeckoによれば過去24時間で約15%下落しています。

これにより、市場価値トップ100の中でこの期間で最もパフォーマンスの悪い暗号通貨となりましたが、仮想通貨市場はビットコイン(BTC)が3万ドルを下回り、イーサリアム(ETH)が1,900ドルを下回るなど、広範な圧力がかかっています。

1INCHは、突然の取引活動の急増に伴い、月曜日に0.60ドル近くまで上昇しました。

CoinGlass.comのデータによれば、Binance上の1INCH先物のオープンインタレストは、先週金曜日の約860万ドルから月曜日には4600万ドルを超える高値まで急増しました。これは2021年末以来の最高値であり、トレーダーがレバレッジポジションを取るために殺到した結果です。

その後、1INCHは月曜日の日中高値から約40%下落し、0.35ドルの範囲で取引されています。

月曜日に長期下降トレンドと200日移動平均線を突破した一時的なブレイクアウトによるテクニカルバイイングが、突然の価格上昇を引き起こした可能性があります。

一部の人々は、1INCHの上昇が先週の米国の判決に対する遅延反応かもしれないと推測しています。

いずれにせよ、急激な上昇と引け値によって多くのトレーダーが被害を受けました。

CoinGlass.comによれば、月曜日には少なくとも3ヶ月ぶりの最高額である約500万ドルの先物ポジションが消えました。

鯨の売却が上昇トレンドを終わらせたのか?

On-chain分析に特化したTwitterアカウント@lookonchainは、月曜日のツイートで、1INCHの鯨が当時Binanceに7百万1INCHトークン(380万ドル相当)を送ったことを強調しています。

大量のトークンを中央集権取引所に送る鯨は、暗号通貨にとって警戒すべきサインであり、彼らが取引所を利用して保有資産を売却する意図を示す可能性があります。これにより売り圧力が高まり、暗号通貨の価格に影響を及ぼすことがあります。

実際、@lookonchainの警告が1INCHの価格の調整を引き起こした可能性があり、スペキュレーターは価格が下がる前に参入し、トークンを売却することを考えました。

売却者は、倒産した暗号通貨の利回りプラットフォームであるCelsiusであり、裁判所の命令により月曜日に1INCHを含むアルトコイン約2500万ドルを清算しました。

売却を行ったのが誰であろうと、鯨のトークン売却は、1INCHが長年続いた下降トレンドから抜け出す可能性を絶たれたことを意味しているかもしれません。

年間の最安値である0.23ドル台の再テストが予想されます。

1inch Network(1INCH)の代わりに検討すべきは、Evil Pepe Coin(EVILPEPE)です

1INCHに対して技術的な観点から見ると、ベアリッシュな展望が見えるため、短期的なリターンの可能性を提供するトークンを探しているトレーダーは、Evil Pepe Coin(EVILPEPE)をチェックすべきです。

Cryptonews.comのアナリストは、それを2023年の最高のプレセールミームコインの機会の1つとして特定しています。それは、1)トークンをわずか200万ドル以上で超安価に販売していること、2)$THUGと$SPONGEで巨大な利益をもたらした同じ強力なマーケティングチームによってバックアップされていること、3)Pepeミームコインマニアのウイルス性に乗っかっていることが理由です。

プレセールはわずか数時間前に開始されたにもかかわらず、既に6万ドル以上の資金調達を達成しており、ミームコインのディーゲンたちは参加するための時間を失いません。

Evil Pepe Coinは、プレセールが199.6万ドルに到達すると完売となります。

こちらでEvil Pepe Coinをご覧ください

免責事項:暗号通貨は高リスクの資産クラスです。この記事は情報提供のために提供されており、投資アドバイスを構成しません。すべての資本を失う可能性があります。