「香港の規制当局、未登録の暗号通貨プラットフォームに対する取り締まりを強化する」と誓う

香港の規制当局は未登録の暗号通貨プラットフォームに対する取り締まりを強化すると誓います

香港の金融監視機関である証券及び期先取引委員会(SFC)は、管轄地域内の非規制仮想通貨取引プラットフォームに対する取り組みを強化すると宣言しました。

9月25日の発表によれば、SFCは、香港で事業を行っている潜在的に規制されていない仮想通貨取引プラットフォーム(VATP)の一覧を公開し、一般市民が潜在的な非規制VATPを特定できるようにするための措置を講じると述べています。

さらに、SFCは、「疑わしいVATP」の専用リストを作成し、規制当局のウェブサイトの容易にアクセスできる目立つ場所に掲載すると述べています。

この動きは、最近のJPEX暗号通貨取引所のスキャンダルに直ちに続くもので、その金融的な影響は約1億7800万ドルに上ると推定されています。発表時点で、現地の警察は取引所の被害者から2200件以上の苦情を受け取っています。

SFCは、JPEXからの結果的な影響が「非規制VATPとの取引のリスクを浮き彫りにし、適切な規制が市場の信頼を維持するために必要である」と述べています。

さらに、SFCは、市民が疑わしい活動やVATPによる潜在的な法律違反に関する情報を共有するための専用のチャネルを設立し、JPEXの事件をより良く調査して「犯罪者を裁判にかける」ために地元の警察と協力すると述べています。