『JPEXスキャンダルの後、香港は仮想通貨ライセンス申請者のリストを公開する予定』

香港がJPEXスキャンダルの後、仮想通貨ライセンス申請者のリストを公開予定

出典:Pixabay / Andy Leung

香港の金融規制当局は、JPEXスキャンダルの後、中国の領土で運営ライセンスを申請した仮想通貨取引会社のリストを公表することを月曜日に発表しました。

証券先物委員会(SFC)のCEOであるJulia Leung Fung-yeeは、地元メディアの報告によれば、公衆の要望に応えてリストを公表すると述べました。

「応募したからといって、企業がSFCの規制に完全に準拠しているわけではありません。」

香港に拠点を置く無許可の仮想通貨取引所JPEXは、顧客をだまし、約143億香港ドル(1億8200万ドル)以上を1600人以上の投資家に損失をもたらし、香港の歴史上最大の詐欺事件とされています。この事件は、政府のグローバル仮想通貨ハブ化への取り組みに一時的な打撃を与えたようです。

規制当局はさらに、2023年8月時点でSFCから運営ライセンスを取得したデジタル資産取引プラットフォームは2つだけであると述べました。OSL Digital Securities LimitedとHash Blockchain Limitedは、規制当局が6月1日から新しい仮想通貨規制を導入してから、香港の小売顧客にサービスを提供する許可を受けたとのことです。

「他に4社がライセンスを申請しています」と規制当局は述べており、それはHKVAX、HKBitEx、Hong Kong BGE Limited、Victory Securitiesのことです。

9月13日、SFCはJPEXがライセンスなしで地域で運営していると特定しました。その後、プラットフォームは取引サービスを一時停止し、資金を引き出そうとする顧客に過大な手数料を課したとされています。報告書によれば、被害者数は9月23日時点で2,305人に上昇しています。

SFC、投資家教育を強調

規制当局は月曜日に発表した声明で、SFCのライセンスを受けた仮想資産取引プラットフォーム(VATP)は、資産の安全な保管や市場操作行為の防止など、投資家の利益を保護するための強固なガバナンス措置の対象となることを指摘しました。

「新しい制度の下で小売投資家に仮想資産取引プラットフォーム(VATP)を提供するための条件として、SFCは適格性の確認、強化されたトークンのデューデリジェンス、入会基準と開示など、厳格な要件をさらに課しています。」

未登録または非規制の仮想通貨ビジネスを一般の人々が特定できるようにするため、規制当局は「疑わしいVATP」のリストを作成し、必要に応じて警察に事件を通報すると述べました。

さらに、SFCは投資家及び金融教育協議会(IFEC)と共に、詐欺や不正行為についての公衆認識を高めるための公共キャンペーンを計画しています。

規制当局は「マスメディア、ソーシャルメディア、教育講演など、さまざまな手段を用いて、VAsと潜在的な詐欺行為に関連するリスクについての公衆の理解を促進する」と述べています。