銀行の崩壊に続き、ビットコインが価値保存手段として加速する見込み、キャシー・ウッド氏

銀行崩壊後、ビットコインの価値保存手段としての加速が予想される、キャシー・ウッド氏

ARK InvestのCEOであり、暗号通貨の支持者であるキャシー・ウッド氏は、最近の銀行の倒産を受けて、ビットコインが蓄値手段として大きく成長すると述べています。彼女は、ビットコインの安定性と米国地方銀行の倒産後の大幅な上昇が、ビットコインが将来の通貨であるという大きな証拠であると考えています。

キャシー・ウッド氏はビットコインに対して依然として楽観的です

最近のBarron’sとのインタビューで、ウッド氏はデジタル資産に対して依然として楽観的であり、彼女の投資を諦めない理由として3つの理由を挙げています。彼女によれば、ビットコインは、First Republic、SVB、Signature Bankなどの地方銀行が倒産した際に、$19,000から$30,000まで60%上昇しました。彼女は、投資家が資産を保管するための安全な代替手段としてこの上昇を見ています。

ウッド氏は次のように説明しています:

私たちは、暗号通貨によって3つの革命が起こると考えています。ビットコインは最初の革命である通貨の革命を支配します。その最大の証拠は、今年初めに地方銀行の株が崩壊した際にビットコインが$19,000から$30,000に上昇したことです。それは安全への逃避であり、私たちはそれが加速すると予想しています。現在の中央集権的な通貨システムは異常です。我々はデジタルでルールベースの通貨システムに戻るかもしれません。それは政府の監視なしに存在するものです。

彼女のデジタル資産に対する楽観的な見方の他の理由は、分散型金融(DeFi)と不動産などのさまざまな物理的資産をトークン化するデジタル財産権に関連しています。

「2番目の革命は金融サービス、またはいわゆるDeFiです。それはEthereumに基づいています。さまざまなインフラプロバイダーが存在します。生き残りのための競争であり、誰が勝つのかを見るのが楽しみです」とCEOは述べました。

最後に、ウッド氏によれば、「デジタル財産権、または多くの人がNFTまたはメタバースと呼ぶものです。人々は既に仮想世界で不動産を購入しています。私たちの若い研究員たちは、ロゴのないジーンズとTシャツを着てオフィスに来ていますが、彼らは仮想世界でのステータスを得ています」と述べています。

BTCのブルはベアとの戦いに苦しんでいます | 出典: Tradingview.comのBTCUSD

CoinbaseのSECとの闘いについての考え

インタビューの中で、キャシー・ウッド氏はまた、Coinbaseと米国証券取引委員会(SEC)との長引く闘いについても話しました。ウッド氏のARKインベストメントは、Coinbaseの株式を最も多く保有しています。彼女は、暗号通貨取引所が未登録の証券の販売に対するSECの訴訟で最終的に勝利すると信じています。

彼女によれば、裁判所はSECが規制の範囲を超えていると判断し、長期的には米国議会が暗号通貨に対応した法案を可決するだろうと述べています。

「一方で、立法府は暗号通貨が新たな資産クラスであることに気付き、規制当局にガイダンスを与えるために新しい法律が必要かもしれないと認識しました」とARK InvestのCEOは付け加えました。

「これら2つの政府の枝は、Coinbaseが勝者としてこの闘いから出てくることを私たちに大いなる自信を与えてくれました。Coinbaseの競合他社の多くは、米国に参入しないか、規制システムのために移転しました。Coinbaseは戦い続けています。私たちはそれに見合った報いを受けると考えています」と述べています。

キャシー・ウッドのARKは、SECが暗号通貨取引所に対して訴訟を提起した直後の2021年6月初めに、Coinbaseの株式を2160万ドル相当購入しました。