連邦準備制度が「FedNow」の即時決済システムを開始

連邦準備制度が「FedNow」の即時決済システムを開始しました

  • 新たに開始されたFedNowサービスは、銀行や信用組合に力を与えることを目指しています。
  • FedNowは、年中無休で24時間365日の取引実行を可能にします。
  • 米国財務省の米国財政局を含む35の銀行と信用組合が既にFedNowサービスを通じた支払い処理に対応しています。

連邦準備制度の即時決済プラットフォームであるFedNow®サービスが、木曜日の朝に正式に開始されました。このサービスにより、あらゆる規模の銀行や信用組合は、クライアントの取引を即座に処理することができます。

連邦準備制度は、FedNowの取引が年中無休で24時間行われることを主張しています。

まず、35の銀行と信用組合、および米国財務省の米国財政局は、既にFedNowサービスを通じた支払い処理に対応しています。さらに、16のサービスプロバイダーが銀行と信用組合を支援するために準備が整っています。

FedNowを通じた個人および企業への慎重な支払い

即時決済システムの利点を説明する連邦準備制度の議長、ジェローム・パウエルは次のように述べています:

「連邦準備制度は、今後数年間にわたって日常の支払いをより迅速かつ便利にするためにFedNowサービスを構築しました。この新しいツールを使用する銀行が増えるにつれて、個人や企業への利益には、直ちに給与を受け取ることができるようになったり、請求書が支払われた際に企業が即座に資金にアクセスできるようになることが含まれます」

ただし、ジェローム・パウエルは新たに開始されたシステムが法定通貨を置き換えることを意図していないと明言しました。彼はFedNowは「デジタル通貨とは関係ありません」と述べ、さらに「FedwireやFedACHなどの他の連邦準備制度の支払いサービスと同様です。FedNowサービスは通貨の形態でも、現金を含むあらゆる支払い手段の廃止に向けた一歩ではありません」と付け加えました。