「暗号通貨とステーブルコインはお金ではない」と、英国銀行総裁が「強化されたデジタルマネー」を支持する中で述べました

英国銀行総裁は、暗号通貨とステーブルコインがお金ではないと述べ、強化されたデジタルマネーの支持を表明しました

出典:Adobe / dbrnjhrj

イングランド銀行(BoE)の総裁であるアンドリュー・ベイリー氏は、最近のロンドンのマンション・ハウスでの演説で、仮想通貨に対する立場を再確認しました。

ベイリー氏は以前にもデジタル通貨の投機的性質について懸念を表明しており、月曜日にはビットコインは「固有価値がなく、非常に変動しやすい」と述べました。また、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は「非常に投機的な投資」として扱われるべきだとも述べました。

さらに、ベイリー氏はテザー(USDT)やUSD Coin(USDC)などのステーブルコインは「頑健ではない」と述べました。

「[ステーブルコイン]は金融システムで安全なお金の基準を満たしていません。特に、単一性と清算の最終性という基本的なテストには合格していません。それらはお金ではありません。」

ただし、ベイリー氏は「強化された形態のデジタルマネー」の展望がより有望だと考えています。

彼は「強化されたデジタルは、例えば、シンプルなものまたは非常に複雑なものである、いわゆるスマートコントラクトに従属する実行可能なアクションを付加できる通貨単位として最も便利に定義されます。」と説明しました。

ベイリー氏は、アメリカやスイスでの多数の銀行の破綻とその影響のような最近の出来事が、お金の単一性について疑問を投げかけていると付け加えました。

これらの発言は、ベイリー氏が4月にステーブルコインについて、「お金の振る舞いを装うが、確かな価値を持っていない」と強調した後に行われました。

彼の仮想通貨に対する立場は一貫しており、これらの資産に関連する変動性と規制リスクについて投資家に警告しています。

昨年、TerraのアルゴリズムステーブルコインTerraUSD(UST)の崩壊が仮想通貨市場から数十億ドルを吹き飛ばし、中央銀行や金融規制当局はステーブルコインの「安定性」に疑問を投げかけました。

イングランド銀行の小売中央銀行デジタル通貨(CBDC)の進展

先月、イングランド銀行と国際決済銀行(BIS)は、「プロジェクト・ローザリンド」と呼ばれる小売中央銀行デジタル通貨(CBDC)の支払いに関する1年間の研究を完了しました。

「イングランド銀行の観点から、小売中央銀行デジタル通貨(CBDC)の主な動機は、公衆が常に日常生活で使用できる完全に機能する中央銀行マネーへの選択肢を持つことによって、お金の単一性を促進することです。」

ベイリー氏は、小売CBDCに取り組むことが物理的な現金の発行へのコミットメントを変えるものではないことを明確にしました。「現金は残る」と彼は付け加えました。

最近、BOEのCBDCプロジェクトの責任者であるトム・マットン氏はインタビューで、中央銀行がCBDCの基盤にする技術をまだ検討中であると述べました。

ベイリー氏はさらに、銀行や非銀行が発行するステーブルコインの形でデジタルマネーである「デジタルポンド」を作成する提案を受け付けていると述べました。

「2023年の金融サービス及び市場法に盛り込まれた権限に基づいて、システム的なステーブルコインの規制に関する提案をまもなく示します。」