5月と6月に、英国の規制当局は仮想通貨ATMに対するキャンペーンを強化しました

英国の規制当局は、5月と6月に仮想通貨ATMに対するキャンペーンを強化しました

イギリスの金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨ATMに対する取り締まりを強化し、5月と6月にさらに18箇所のサイトを検査し、今年の合計は34箇所になりました。規制当局は、全国で不法に運営されている26台のATMを「妨害」したと述べています。

金融監視機関は、サウスウエスト地域組織犯罪部隊とグレーターロンドン、ベッドフォードシャー、ハートフォードシャーの警察と共同で検査を行いました。

1つの事例では、一般市民が1,000ポンド(約1,290ドル)を仮想通貨ATMに入金しましたが、機械は取引が失敗したと表示したにもかかわらず、資金が返金されませんでした。

FCAは、2022年3月以来、国内のすべての仮想通貨ATMが不法に運営されており、利用者が詐欺被害に遭うなど問題が発生した場合、保護されないことを公に警告しています。

イギリスに登録されている40以上の仮想通貨企業のうち、ATMサービスを提供するライセンスを持っているのは一つもなく、したがってイギリスで運営されている仮想通貨ATMは不法行為ですとFCAは警告しています。Coin ATM Radarのデータによると、国内には10ヶ所の仮想通貨ATMがあります。

続きを読む:仮想通貨ATMオペレーターBitcoin Depotの株価が上昇し、株式デビューで12%上昇

シェルドン・リバックによる編集。