緊急速報: Mt. Goxの信託管理者が返済期限を2024年10月まで延長

緊急速報: Mt. Goxの信託管理者、返済期限を2024年10月まで延長

Source: AdobeStock / prima91

Mt.Gox Rehabilitation Trustee(マウント・ゴックス再生管理人)は、再び債権者への返済期限を延長しました。

破産した仮想通貨取引所は、ベース返済、早期一括返済、中間返済の期限を2023年10月31日から2024年10月31日に変更しました。

ただし、Mt.Goxのウェブサイトの最新情報によると、必要な情報を管理人に提供した再生債権者は、今年末までに順次返済を受け取ることができるとのことです。

Mt.Goxは債権者に対し、4.5十億ドル以上の仮想通貨と円を負債しています

Mt.Goxは、最新の情報によると、債権者への支払いをほとんどの債権者に対して遅延させることになりました。

この日本のビットコイン取引所は、2011年のハッキングで85万BTC、つまり将来存在する2100万BTCの4%を失いました。

この取引所は、2024年に破産を申請しました。

ただし、取引所は一部の盗まれた資金を回収し、返済計画を策定しました。

破産した取引所は、債権者に対して50億ドル以上を返済する予定であり、これは主要な仮想通貨の価格に大きな影響を与えると推測されています。

Mt.Goxは、債権者に対して14.2万BTC(38.4億ドル)、14.3万BCH(3000万ドル)、69億円(4.65億ドル)を返済する予定です(執筆時点の価値で)。

債権者は、この破産取引所からのいかなる補償も受け取るために9年以上も待っています。

取引所の管理人の最新情報によると、一部の債権者は損失の補償を受けるまで1年待たなければならなくなります。