米国議員トーレス氏、SECとPrometheumの契約に対する調査を要求

米国議員トーレス氏は、SECとPrometheumの契約についての調査を要求しています

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、デジタル資産への「無秩序で過剰なアプローチ」、具体的には暗号プラットフォームPrometheumとの「特別な取引」に関して調査される可能性があるとされています。

7月13日、米国議員リッチー・トーレスは、SECの監察官デボラ・ジェフリーや政府説明責任局の会計総監ジーン・ドダロに対して、要請書を提出しました。トーレスがTwitterで公開した手紙によると、彼は以下のように書いています:

「SECはデジタル資産に証券法を適用する上で、明確さをもたらす最低限の努力を拒否しています。SECの好むコミュニケーション手段は、ルールでもガイドラインでもなく、執行です。」

トーレスは、SECが特定のブローカーディーラー向けの特別ライセンスをPrometheumに与えるという5月の決定に着目しています。Prometheumは、2017年に2人の米国金融弁護士によって作られたデジタル資産プラットフォームであり、トーレスによれば、「Prometheumは真の暗号通貨取引プラットフォームではなく、暗号通貨の批評家にとって都合の良い話題を提供するための舞台装置であるように見えます。」と述べています。

彼は、SECがデジタル資産プラットフォームの登録に対して「実用的なプロセスを作る」という失敗と、「Prometheumへの異例の裏口取引」の両方の検証を求めています。

関連記事: 「Prometheumとは一体何者で、SECのコンプライアンスに関して議会に何を語ったのか?」

Prometheumは最近、暗号通貨業界での公敵となり、トーレスによる調査要求は初めてではありません。この企業は、共同創業者のアーロン・カプランが6月に議会で証言したことにより、注目を浴びました。問題は、カプランが現行の証券法に基づくSECの規制戦略を全般的に支持しているということのようです。

聴聞会直後、Prometheumに関する憶測がTwitter上で広まり、中国の投資家との関係が指摘されました。6月15日、ブロックチェーン協会は、SECに対してこの企業に関する情報提供を求める要請書を提出しました。7月には、6人の米国議員がSECに対して「Prometheumの中国共産党とのつながり」を調査するよう要求しました。

この記事をNFTとして保存し、暗号通貨業界における独立したジャーナリズムをサポートしましょう。

雑誌: 専門家たちはAIに「魂」を与え、私たちを全滅させないようにしたい