ベテラン経済学者のスティーブ・ハンケは、米国のインフレーションは現在なくなったと提案しています

米国の経済学者、スティーブ・ハンケは、現在米国におけるインフレーションはなくなったと提案しています

ジョンズ・ホプキンス大学の応用経済学の高名な教授であるスティーブ・ハンケは、アメリカのインフレについて専門家の意見を共有しました。彼によれば、アメリカに関して言えば、インフレはもはや過去のものです。

このベテラン経済学者は、木曜日の早朝、CNBCの「Street Signs Asia」で語ったとされています。

「私はインフレの話は過去のものだと思います。その理由の一つは、アメリカではマネーサプライが年間でマイナス4%に収縮しているからです」と彼は語りました。

ハンケはまた、そのようなマネーサプライの変動が起こったのは1938年以来だと述べました。「マネーサプライの変動は物価指数とインフレに影響を与えます」と彼は付け加えました。

ハンケの解説は、わずか24時間前に6月のアメリカのインフレ率が予想よりも低い3%となったことに続いています。これは2年間で最も小さな年間増加率です。また、一般に食品やエネルギー価格を除外することが多いコア消費者物価指数(CPI)は、年間で4.8%上昇し、月間では0.2%上昇しました。

ハンケは説明の中で、物価指数と生産者物価指数、消費者物価指数がほぼ同時に上昇したことを振り返りました。ただし、当時はコアが上昇するのが最も遅かったとも指摘しました。

同様に、現在も政策がいくぶん効果を示し、生産者物価指数と消費者物価指数が急落しているが、コアは再び遅れていると彼は主張しています。

それにもかかわらず、スティーブ・ハンケはコアも最終的には大幅に下がると確信しています。ただし、そのためには政策立案者が「量的引き締め」を続ける限りです。

出版時点では、コアインフレはまだ連邦準備制度(Fed)の年間目標である2%を大幅に上回っています。しかし、Fedが引き締め政策を維持するならば、「2%の範囲にかなり速く到達できる」とハンケは結論づけています。

アメリカの生産者物価指数は今日後に発表される予定です。もし価格が下落することも示されれば、Fedは近々利上げサイクルを終了せざるを得なくなるかもしれません。

一方、CMEFedWatchツールは、トレーダーが7月のFed会議での利上げを92.4%の確率で予想していないことを示しています。