「米国の民主党の法案が、取引所に対してオフチェーンの暗号通貨取引を規制当局と共有するよう要求」

米国の民主党の法案が、取引所にオフチェーンの暗号通貨取引を規制当局と共有するよう要求

出典: Pixabay / Gerd Altmann

バージニア州第8選挙区を代表する民主党のドン・バイヤー下院議員は、オフチェーンの仮想通貨取引データに対して中央アクセス可能なリポジトリを設立する法案を推進しています。

この法案は、9月27日付けの「オフチェーンデジタル商品取引報告法」と題され、暗号通貨取引プラットフォームに対して「コモディティ先物取引委員会(CFTC)に登録されたリポジトリにすべての取引を報告するよう求めています。

通常、オフチェーン取引はブロックチェーンに記録されず、取引の金融詳細に関するネットワーク上の記録が残りません。その結果、オフチェーンソリューションは、具体的な実装によってはハッキングやデータ漏洩への脆弱性が高まる可能性があります。

「取引プラットフォームの出現とトランザクション時間の短縮とコストの削減の希望により、「オフチェーン」と呼ばれる数千件の取引が毎日行われ、公に閲覧可能なブロックチェーン上に記録されていません」と、議員は述べています。

バイヤー議員は、この法案はプライバシーの問題を解決し、ユーザーや仮想通貨市場全体での透明性と信頼性を回復するための「常識的な手段」だと述べています。

「残念ながら、これらの私企業間の内部記録は大きく異なる場合があり、これにより投資家や消費者は詐欺や操縦行為に対して脆弱な状態になる可能性があります。この法案は、デジタル資産市場に透明性と信頼性を回復するための常識的な手段です。」

バイヤー議員は、規制当局が閲覧できるようにオフチェーン取引データをリポジトリに押し込むことで、FTXのような崩壊を防ぐ助けになると期待しています。

法案の内容は?

詳細な法案によると、クリアされたかクリアされていないかに関わらず、各デジタル資産のスワップ取引は登録されたスワップデータリポジトリに報告されるべきだとされています。さらに、デジタル商品の販売も取引のための暗号リポジトリに記載されるべきです。

取引プラットフォームは、取引が実行されるとすぐにすべての取引を報告する必要があります。

「この法案は、ほとんどの証券およびスワップ取引と同様に、24時間以内にすべてのオフチェーンデジタル資産取引がCFTCに登録された取引リポジトリに報告されることを求めるものです」とバイヤー議員は述べています。

バイヤー議員は、消費者を保護しイノベーションを促進するために、2021年にデジタル資産市場の構造と投資家保護法案を提案しました。