米国の州機関が、ソーシャルメディア上で発生している暗号通貨詐欺に関する警告を発出しました

米国の州機関が暗号通貨詐欺に関する警告を発出

アメリカのバーモント州金融規制局(DFR)は、人気のあるソーシャルメディアサイトを通じて行われる増加する暗号通貨投資詐欺に対して市民に警告しました。

74歳のナウム・ランツマン氏は、6月25日にInstagramとTelegramを通じて行われた暗号詐欺によって34万ドルの生活の貯蓄を失いました。DFRはこの事件を引用し、「仮想通貨の使用または投資に際しては、バーモント州の住民が極度の注意と警戒を行う必要がある」と強調しました。

バーモント州が暗号詐欺に対する投資家警告を発出するスニペット。出典:dfr.vermont.gov

連邦取引委員会(FTC)によると、Instagramは暗号詐欺に関連するトッププラットフォームと評価されており、ランツマンも同様です。彼の最初の接触はInstagramであり、SpireBitという仮想通貨を扱う「国際的な金融ブローカー」を自称する投稿を見つけたことから始まりました。

プラットフォームについての調査や研究を行わずに、ランツマンはSpireBitにアカウントを作成しました。SpireBitの担当者がTelegramでランツマンと連絡を取り、数日にわたって彼を投資に誘導しました。

最初は500ドルの投資から始まったものが、最終的には34万ドル以上の損失につながりました。SpireBitのような偽のプラットフォームに投資すると、ダッシュボードにはすべての取引で利益が表示され、投資家が貯蓄をさらに出すことを促します。

ランツマンは過去に暗号詐欺について聞いたことがありましたが、自分自身が犯罪の被害者になるとは思っていませんでした。バーモント州DFRは、詐欺師が「より複雑で個別の戦術」を考案し、欺瞞の層を持つことにより、暗号詐欺の増加を非難しています。

銀行の文書や明細書を偽造し、友好的な会話をするなど、詐欺師の絶えず進化する技術は警戒心と背景調査によって対処できます。

バーモント州の住民は、詐欺を適時に報告し、財務的な損害を減らし、犯罪者を追跡するために協力するよう求められています。

関連記事: 5つの米国執行機関が新たなデジタル通貨反犯罪タスクフォースを結成

アメリカ司法省の国家暗号通貨執行チームのディレクターであるEun Young Choi氏は、北朝鮮の「国家スポンサーされたハッカー」の台頭を考慮すると、分散型金融のハッキングは「かなり重要な問題」だと述べました。

司法省、国家暗号通貨執行チームの初代ディレクターを発表https://t.co/PvJ6iRDQ8P

— Justice Department (@TheJusticeDept) February 17, 2022

Choi氏はまた、司法省が犯罪を犯すか、取引のトレースを「隠蔽するために見て見ぬふりをする」暗号通貨企業を追跡していることを再確認しました。

この記事をNFTとして保存し、暗号通貨業界での独立ジャーナリズムをサポートするために収集しましょう。

雑誌: 米国の執行機関が暗号通貨関連犯罪に熱を上げています