「米国の下院共和党議員が、投資家保護のための新しい仮想通貨監視法案を発表」

米国の下院共和党議員が仮想通貨監視法案を発表

過去数ヶ月間、米国の議員達は国内で明確な規制枠組みを形成するために積極的に取り組んできました。7月20日(木曜日)、米国下院共和党は、暗号通貨業界における投資家保護のための規制枠組みを目指して、新たな暗号通貨監視法案を提出しました。

この法案は、デジタルアセットに明確なルールを確立しようとする他の数多くの法案の一部です。不明瞭な規制と当局の攻撃的な行動により、一部の暗号通貨関連事業者は米国を離れることを考えています。また、規制の明確さの欠如により、暗号通貨スタートアップは事業を開始することに躊躇しています。農業委員会の委員長であるグレン・”GT”・トンプソン(R-Pa.)は、木曜日の声明で次のように述べています。

「21世紀の金融イノベーションとテクノロジー法の提案は、農業委員会と金融サービス委員会が消費者と投資家を保護し、デジタルアセットの分野でのアメリカのリーダーシップを促進するために必要な規制枠組みを確立するための大きな節目となります。」

この法案は、6月初旬に初めて起草され、暗号通貨取引所が米国証券取引委員会(SEC)に登録するための規制枠組みを作り出すことを目指しています。これにより、これらの取引所はデジタル証券、商品、およびステーブルコインをすべて一つの場所で取引することができるようになります。

ステートメントでダスティ・ジョンソン(R-S.D.)は、「暗号通貨業界は明確性を求めており、私たちの協力法案はCFTCとSECの両方に席を提供します。私たちの法案は、デジタルアセットの開発者がイノベーションを続ける中で、金融の安全性と確実性を確保するための明確な原則を確立します。」と述べています。

業界の専門家が改訂法案に懸念を表明

共和党議員は暗号通貨の規制法案を推進する努力をしたものの、一部の業界の専門家は懸念を表明しています。改訂法案の10ページ目において、株式、債券、「譲渡可能な株」、「利益分配契約への参加権の証明書」などの伝統的な証券は「デジタルアセット」の定義から除外されています。

Delphi Labsのゼネラルカウンセルであるガブリエル・シャピロによると、法案の最近の変更はその価値提案に大きな影響を与え、曖昧さを再導入する可能性があります。この変更により、現在規制されていないにも関わらず、CompoundのcTokenやLiquid CollectiveのLiquid Staking Tokenなど、分散型金融(DeFi)市場のさまざまなアセットに対して増加した規制が導入される可能性があります。

「SECはまだ攻撃を行うことができます…彼らが行う必要があるのは、トークンが「譲渡可能な株」や「利益の権益」であると主張するだけです。」彼は警告しています。